FC2ブログ
活法と整動鍼の導入
2年ほど前から、少しずつ活法を臨床に取り入れ始めました。初期は「肩こり」「腰痛」など、
それまでは軽症なら指圧やマッサージで対応していた症状に活法を使いました。

あくまで個人的感想ですが、活法の威力は凄まじいものでした。
例えば肩こり。旧来はあっちを揉みこっちを揉み、と肩から腕、背部にかけて30分はかけていたのが、
活法だと5分から10分程度で同じかそれ以上の効果を上げることが出来ます。
それもまだあまり活法を使いこなしているとは言えない初級者でも、です。

これには私も患者さん達も驚きました。以後、治療室そらでは指圧・マッサージを
施術する割合が少しずつ減ってきています。

さらに1年ほど前からは活法から考案された「整動鍼」を臨床に導入し始めました。
効果は活法と同じ、症状によってはより早くより良い効果を上げることが出来ます。
私がずっと求め続けていた技術である、といってもいいでしょう。その素晴らしさは私には表現できないほどです。

整動鍼テキスト


整動鍼の素晴らしいところ・難しいところ
活法では一つ技を行った後、すぐに効果を確認します。効果がなかったり、不十分だった場合は
原因が他にもあると考え、次の技を行います。一つの技で治療が完結してしまうこともありますが、
治療室そらでは一つの症状に対して2~3手使うことが多いです。

整動鍼も基本は同じです。
痛みの出る動作を確認・分析して、原因になっていると思われるツボに鍼を打ちます。
症状にもよりますが、ツボの選択が正しければ即効性があります。

整動鍼のすごさを上げるときりがありませんが、代表的なものとして「再現性の高さ」があります。
痛みの出る動作から正しいツボを選択することが出来れば、その理論を学んだ鍼灸師は同じ治療効果を
再現することが出来ます。

と、ここまで書くと夢のような理論と技術で、誰でも出来そうな気がしてきます。
私もちょっとそう思っていた時期がありました。しかし、実践はそんなに簡単ではありません。

整動鍼を臨床で実践するにあたって、私が個人的に一番難しいと感じているのがツボの取り方です。
整動鍼で使用するツボには様々な形状や大きさがありますが、最も小さいものでは直径1mmくらいのものがあります。セミナーで講師の先生方が「ゴマ粒大」などとおっしゃる大きさのツボで、指先で感じることが非常に難しいものです。

今は十分な治療効果を上げるべく、理論を復習しつつ正確にツボを取れるようひたすら反復練習をする日々をおくっています。

再びスズムシとツボの数について
前々回のブログでスズムシを飼育するときの個体数について「多ければ良い、というものではない」、そして個人的には鍼を打つ数も同じだと考えていることを書きました。しかし、これが絶対の正解だとは思っていません。たくさんのスズムシが賑やかに鳴いているほうが良い、と考える人もいると思います。

同じように、「鍼の数は多いほうが良い、または効果を上げるためには多くせざるを得ない」と考えている鍼灸師もいると思いますし、「気になるところにどんどん沢山鍼を打ってもらったほうが効くし、気持ちが良い」と感じている患者さんもいると思います。かつての自分もそうでした。

鍼灸の良い点の一つに「多様性」があります。百人の鍼灸師がいれば、百通りの治療法があるといってもよいでしょう。鍼灸を受ける方たちには、その中から自分にあった鍼灸を見つけて頂ければ嬉しい、と思います。そのために、少しずつではありますがこのブログやホームページ「治療室そら 治療例」で情報を発信していくつもりです。

さて、スズムシですが夏が終わりオスは皆死んでしまい、今は5~6匹のメスが残っているだけです。産卵床をちゃんと作っていないのでどうなるかわかりませんが、来年卵がかえることを期待してしています。使うツボの数は減りましたが、スズムシの赤ちゃんはたくさん生まれると嬉しいですね。

(終わり)



活法との出会い
7年ほど前に治療室そらを開業した当初は臨床で現在よりもお灸を多用していました。
お灸の煙対策として、良い空気清浄機はないかとネットサーフィンしている時に偶然見つけたのが、「整動鍼」を考案した栗原先生のブログです。
「鍼灸師のツボ日記」

ブログを参考に空気清浄機を購入した後も、栗原先生の鋭い洞察力と読み手が思わず引き込まれる文章力に魅了され、「鍼灸師のツボ日記」を定期的に読んでいました。その中でたびたび登場する「活法」という整体術がずっと気になっていたのですが、ある時「碓井流活法の膝瞬間屈曲術」という動画が掲載されているのを見て、「これは面白そうだぞ」と思い見よう見まねで試してみました。

すると動画と同じように、腹ばいで膝を曲げた時にかかとがお尻につかなかった人が、一瞬で変化したのです。急にかかとがお尻につくようになった患者さんも、技をかけた私もびっくりしました。今までは同じことをしようとしたら、大腿四頭筋をストレッチしてマッサージをして…、という手順を踏んでいたのが、「一瞬」で出来てしまうのです。まさに「膝瞬間屈曲術」です。

こちらをご覧ください↓
「碓井流活法の膝瞬間屈曲術」(「鍼灸師のツボ日記」より)

見よう見まねでやってもこれだけの効果が出るのです。もちろん技はこれだけではなく、全身のあらゆるところに対応しているはずです。これを正式に学んだら、すごいことになるかもしれない…。

鍼灸師である私が、「活法」という整体術にのめりこんでいくのにそう時間はかかりませんでした。

活法テキスト

活法に魅せられた私が「活法研究会」に通ううちに、また非常に興味深い話を耳にしました。
なんと活法と同じ効果が出せる鍼の技術が完成されつつある、というのです。
活法を取り入れることで大きく臨床スタイルを変えつつあった私は、また大きな衝撃を受けました。

その鍼には「古武術鍼法」という名称がつけられていました(現在は「整動鍼」に変わっています)。

活法から生まれた鍼。いったいどんな鍼なんだろう?
活法と出会った時と同じようにワクワクしてきました。

(続く)





今年も鈴虫をいただきました
「去年飼っていた鈴虫が卵を産んで、それが少しかえったからお子さんにもっていかない?」

と、昨年鈴虫を分けてくれた患者さんが今年も声をかけてくださったので、ありがたく頂戴することに。

体長5mmほどの小さな鈴虫を15匹ほど頂き、帰宅して自宅前で飼育ケースに移していると、
たまたまご近所の小学生がお使いで我が家にやってきました。

「それ、なに?」
「鈴虫の赤ちゃん。飼ってみる?」
「うん、ほしい!」

ということで、半分ほど進呈です。
飼育ケースが大きくないので、これでちょうどよい数になりました。
鈴虫 小けーす


追加でいただきました
2週間ほどして、鈴虫をくださった患者さん宅に往診にいきました。
少しおしゃべりをしながら鍼を打っていると、どこからか鈴虫の鳴き声が聞こえてきます。

「もう鳴き始めたのですね~。うちのはまだ成虫になってないですよ。早いですね。」
「そうなのよ。早いのはもう鳴き始めたんだけど、それがまた大変なことになっちゃって…」

治療終了後、患者さんが持ってきた飼育ケースの中には、ざっと見た限りでも
100匹以上の小さい鈴虫が動き回っています。

「どうしたものかしらね~。誰か好きな人が大事に育ててくれるといいのだけれど…。」

この展開は、もらわないわけにはいきません。確か飼育ケースは余分があったはず…。

「あ、あの、少しで良ければ頂きたいです。少し、ですけど…。」
「あらそう?よかったわ~!」

そんなわけで、追加で20匹(少し?)ほど頂いて帰りました。


多いのと少ないのはどちらが良いか
昨年いただいたのは5~6匹ほどだったでしょうか。
時折美しい声で「リーン、リーン」と鳴くのを聞き、虫の音が身近に楽しめるなんて
風情があるなあ、と思っていました。
鈴虫 オス


7月半ばをすぎると、我が家の鈴虫たちも続々と成虫になり、きれいな鳴き声が聞こえ始めました。
鳴いているのが一匹、二匹、三匹…、と増え始め次第ににぎやかに・・・。

鈴虫 大ケース


というより、少々うるさいくらいになってきました。2つのケースを合わせて25匹くらいいるでしょうか。
どうやら鈴虫も多ければ良い、というものではないようです。

鍼灸で使うツボの数も同じことが言えそうです。

免許を取りたての頃は、臨床で使うツボの数が今よりかなり多めでした。
例えば腰痛の治療では10穴(10けつ、と読みます。ツボの数は1けつ、2けつと数えます)くらいの
ツボに鍼をしていました。

この方法でもそれなりに治療効果はあがっていたのですが、ちょっとしっくりきません。
なぜなら、多くのツボを使った相乗効果も考えられますが、反対にあるツボの効果を相殺してしまっている
可能性も否定できないからです。

昭和の鍼灸師で「名人」と呼ばれた人たちの中には、技術が上がれば上がるほど
使うツボの数が少なくなり、治療時間も短くなり、かつ治療効果も高くなった、
と言っている人がいました。

これは私が考える鍼灸の一つの理想形です。

少ない手技やツボの数で、確かな治療効果を出す。
ありそうでなかなかない技術を探していた私はあるブログを見たことがきっかけで、
活法という古武術整体に出会います。→鍼灸師のツボ日記

(続きます)
今日も良く晴れて空気が乾燥しています。
気分はいいのですが、昨年あたりからこの時期になると目がかゆくなります。

正確にいうと、「目」と言うよりは「まぶた」で特に目頭のあたりが痛痒く、
鏡で見ると少し赤く腫れているのがわかります。

念のため眼科を受診したところ
「う~ん、アレルギーみたいだね。イネ科の花粉かハウスダストかなあ?」
とのこと。

処方された点眼薬と塗り薬を2週間ほど使ってみましたが
「少しよくなったような…」
という感じでした。


という事で、自灸生活に(?)入ることにしました。

手持ちの文献を調べると
「肩井(けんせい)」という肩にあるツボが眼瞼炎(げんけんえん。ただれ目)の
特効穴のようです。最終的にはこのツボを使ってみます。

今回はあえて違うツボを試してみました。

ものもらいの特効穴として有名な
「二間(じかん)」です。

ちなみにこれは「沢田流二間」。
教科書に載っている二間とは少し位置が異なります。
沢田流二間③

沢田流二間は指を曲げて出来るしわの端にとります。
沢田流二間②

今日は米粒より少し小さいサイズを左右5壮すえてみました。
「つーんっ!」と結構スルドイ熱感。慣れるまでちょっとキツイかもしれません。

さて、ものもらいによく効くと言われている「沢田流二間」は
はたしてただれ目にも効果があるのでしょうか?

1週間毎日すえてみて、結果を報告したいと思います。



湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
経絡秘孔を突く!

前回から引き続き、小学生の頃はやった(?)ツボのお話です。

当時私たちの間で大人気だったマンガ、
「北斗の拳」。

やはり印象深いのは、「経絡秘孔(けいらくひこう)」とよばれる急所を指で突く攻撃と
「お前はもう死んでいる」
という主人公ケンシロウのセリフでしょう。

単純な小学生だった私たちは、すぐそれをまねて遊びました。

「経絡秘孔の一つを突いた。お前はもう死んでいる。」
「あべし」 「ひでぶ」(←経絡秘孔を突いたことにより、体が引き裂かれる時の叫び声?)


しかし現実はマンガのようにはいきません(当たり前です。いったら大変です)。

まず経絡秘孔とやらがどこだかよく分かりません。

分からないので、適当なところを人差し指で突くのですが、
今度は指がもちません。力加減を間違えればすぐ突き指です。
まったく「お前はもう死んでいる」どころの騒ぎじゃありませんでした。

進化した突き

人差し指を伸ばしきった状態での「突き」は指がもたない…。
何かそれに代わる攻撃は無いかと模索していた仲間の一人が
新たな突き方を考えだしました。

これです↓
肩甲骨パンチ

肩甲骨パンチ2
この尖らせた中指の関節部分で突くのですが、
これは突く側のダメージが少なく、相手には強い衝撃を与えることが出来るので
仲間内ではすぐに主流となりました。

「お前の腕はもう動かない!」

そのうち日々の切磋琢磨の中から、少ない力で相手に大きなダメージを与える
攻撃ポイントが発見されました。
誰が名づけたか、その名も

「肩甲骨パンチ」! (そのままです…)

場所は肩甲骨のほぼ中央。
天宗見えるかな

ココを突かれると、「ず~ん」となんとも嫌な痛みが腕に向かって走り、
しばらく力が抜けたような感じになります。
そんな効き目があったので、ここを突いた後に

「お前の腕はもう動かない!」

というセリフをいう者が多くいました。

その後鍼灸学生になった時、「天宗(てんそう)」というツボであることを知りました。
私は臨床では、五十肩や乳腺炎などに使用しています。素敵なツボです。


私も何度この「肩甲骨パンチ」をくらったか分かりません。
このブログを書いていたら、あの痛みとともに懐かしい友の顔を思い出しました。

ちなみに何度突かれても、5分もすれば痛みは治まり、腕もちゃんと動いていますが、
「秘孔」だけに何があるかわかりません。
くれぐれもマネなどなさらぬよう…。



藤沢市の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら