FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.08.22 鍼灸師の未来
鍼灸学校時代から考えていること
私が治療室そらを開業して今年で9年目、鍼灸師の免許を取得して16年目になります。

実は鍼灸学校に入学してから、つい最近までずっと不安に感じていたことがあります。

それは、

「鍼灸師でこの先生活していけるのか」

ということです。

不安要因は大きく分けると二つ。

一つは「鍼灸師としての技術と知識」
もう一つは開業鍼灸師としての「経営能力」

現状どうにかなっていますが、決して余裕があるわけでもなく、将来の展望もなかなか明るくならない。

職業としての鍼灸師は大好きなので、続けていきたいと思っていますが、常に大きな不安に付きまとわれていました。


整動鍼という技術、あとは…
一つ目の不安だった「鍼灸師としての技術と知識」に関しては、今このブログの別記事で書いている「整動鍼」と出会ったことで解決の方向に向かっています。あとは自分の不断の努力にかかっていると思っています。

問題はもう一つの「経営能力」です。少しネット検索すると、マーケティングのセミナーの広告がいくらでも出てきます。私のような食えるか食えないかの瀬戸際にいる一人鍼灸院経営者が、思わず飛びついてしまいそうになる魅惑的なキャッチコピーが沢山踊っています。

いくつかのサイトをのぞいたりしてみましたが、今一つ心揺さぶられるものがなく、悶々とした日々を送っていました。


「鍼灸師のための経営サミット2018」に参加してきました
そんな折、所属する整動協会が鍼灸師のための経営セミナーを開催してくれることになりました。講師は全員鍼灸師です。コンサルティング会社の開催するマーケティングセミナーとは、違う趣向になるのはきっと間違いない。そう思い、8/19(月)のセミナーに参加してきました。

経営サミット2018-2

内容は「経営・集客マインド」「整動協会の現在進行形の計画」「演者の先生が実践している集客法」などでした。どの演者の講演も現役の経営者かつ鍼灸師としての熱気が伝わってくるもので、今後の鍼灸院経営に大いに参考となる充実した内容でした。


鍼灸師は魅力的な職業か
私個人の鍼灸師としての悩みは、到底個人ですべて解決出来るものではなく、鍼灸と鍼灸を取り巻く環境全体を変革していかなければ解決出来ないものでもあります。鍼灸業界は教育システム、就業形態、研究体制など、たくさんの問題を抱えています。

後半のセミナー「未来サミット」では、整動協会が今後10年で鍼灸師と鍼灸業界をどのように変革していくのかが語られました。それはまさに上述の問題をすべて解決し、さらに鍼灸師の社会的地位をも引き上げることになる壮大なものでした。そして、その計画の中のいくつかは、もうすでに動き出しています。

経営サミット2018

「鍼灸師でこの先生活していけるのか」
鍼灸師になって、つい最近まではそう思っていました。

でも今は、20年前に鍼灸学校に入学した時とはまた違う大きな希望を抱けるようになりました。10年後、誰かに鍼灸師という職業のことを尋ねられたら、自信を持ってこう答えるでしょう。

「鍼灸師は魅力的な職業ですよ」

経営サミット2018 代表・副代表と!





スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/395-74316d87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。