FC2ブログ
幸運なる出会い
サッカーの練習でひどく腰を痛めてしまった高校生の私は、友人の勧めで通学路沿線の鍼灸院に行ってみることにしました。整形外科に通い、処方された薬を服用し、湿布を貼り続けてもなかなか痛みは減らず、私は焦りを感じていました。

はり治療、というものに特には期待していませんでした。予備知識もなく、はり・きゅうは高齢者が受けるもので、ちょっと怪しい、という印象をなんとなく持っていた程度です(これは今でも多くの人が感じていることかもしれません)。

早くこの痛みから解放されて、サッカーをしたい!

私の願いはこれだけです。

かれこれ30年も前のことなので、今と比較すると情報は圧倒的に不足していました。「腰痛 治療」などとスマホでググる事も出来ないので、身近な人間からの口コミが主な情報源です。たまたま私が聞いた話が「はり」だっただけです。正直なところ、良くなりさえすれば治療法は何でもよかったのです。

この「たまたま」の出会いが、私の人生に大きな影響を及ぼすことになります。

槍投げ


鍼だけではない効果
初めて鍼を受けた感想は、「気持ちが良かった」です。覚えているのは、ベッドにうつぶせになり、腰に何本か鍼を打たれ、そこに低周波の電気を流されたこと。腕っぷしの強そうな院長先生だったこと。鍼ってそんなに痛くないんだ、と思ったこと。

腰痛が一回できれいさっぱり完治したわけではありませんが、私にはある種の満足感がありました。

理由の一つは、腰痛を抱え焦り、悩んでいる私の気持ちを聞いてもらえたことです。話を聞いてもらえるだけで、メンタルが落ち着くという経験を初めてしました。

もう一つは、今抱えている問題を解決するヒントをもらえたこと。腕っぷしが強そうに見えた院長先生は、もとアマチュアレスリングの選手で、腰痛対策として筋トレ、ストレッチなどを教えてくれました。さらになかなかレギュラーになれない私に「人と同じことをしていては勝てないぞ」という内容のアドバイスまでしてくれました。これまで他の医療機関では体験したことのない、とてもありがたく貴重な経験でした。

そして、

早くこの痛みから解放されて、サッカーをしたい! 

という一番の願いがかないました。


しばらくの間この鍼灸院に通った私は、もがきつつもサッカーの練習に復帰することが出来ました。選手として目立った活躍は出来ませんでしたが、大好きなサッカーを高校の最後まで続けることが出来たのは鍼灸との出会いがあったからだと思っています。

(続く)


関連記事
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/394-bcf16385