鍼灸学生時代から使い続けたバッグ
長年往診に使っていたバッグが長年の使用でだいぶ傷んできたので、思い切って新しいものに変えました。
往診用バッグ-1

往診用バッグ-4

このバッグは鍼灸学校の教員養成科の学生だった頃から使っていたものです。
当時はトレーナー見習いとしてJリーグの下部組織のお手伝いをしていて、このバッグとともに東は北海道、西は岐阜県まであちらこちらと遠征をともにしました。

そのころサポートしていたユース、ジュニアユースの選手たちの数名は現在Jリーグでプロとして活躍しています。中学1年生だった選手が今27歳。ずいぶん長い間初代のバッグを使ってきました。

往診バッグの中身
トレーナー見習い時代のバッグの中は、テーピングやコールドスプレーなどフィールドで使用するものが中心でした。
その後トレーナー活動から離れ、鍼灸マッサージの往診バッグとして使用するようになってからは、鍼、もぐさ(お灸)、消毒用のアルコールや脱脂綿、大きなものでは鍼に低周波を流す電気治療器まで持ち歩いていた時期もあります。

その間に私の治療スタイルも少しずつ変化してきました。現在のところは、何回かこのブログでも書いている「整動鍼」と古武術整体の「活法」、そして「深谷灸」が中心になっています。今の治療スタイルになってから、電気治療器は使用頻度が著しく少なくなり、一回の治療で使用する鍼の本数も大幅に減りました。シンプルな(奥は非常に深いです)治療になり、持ち歩く治療道具も少なくなりました。

新しいバッグとともに
長い間使っていたこのトレーナーバッグは、大きさも手ごろで使い慣れていたので、同じものが欲しかったのですがいろいろ調べた結果、どうやら絶版になっている様子です。仕方がないので、インターネットで調べて手ごろだと思ったものを購入しました。

届いた現物を見ると、なかなか良い感じです。
往診用バッグ-3

ところが…、

結構大きい! 

往診用バッグ-2


往診用バッグ-5

中は間仕切りがあり、使い勝手は良さそうです。
鍼灸師になって十数年、時間の経過とともに私の治療スタイルもいろいろと変遷があり、それとともに使用する道具も変わりました。

思いのほか大きくなってしまった往診バッグですが、これからこのバッグに入れるものが増えていくのか、それとも減っていくのか、私にもよくわかりません。この新しいバッグを買い替える時期が来た時に、どんな変化があったかまたこのブログに書いてみたいと思います。

そういえば、往診している他の鍼灸師の往診バッグの中身を見せてもらったことが一度もありません。
ほかの皆さんはどんな道具を持ち歩いているのか、ちょっと興味があります。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/374-c89cdeff