FC2ブログ
ドライバーをいただきました
先日患者さんからゴルフクラブを1本いただきました。
ドライバー 1

手に取ってみると、見た目からは想像できない軽さで驚きました。
私はゴルフをしないので、知識がないのですがどうやらシャフトはカーボンのようです。

これはもしかすると・・・、

「なかなかの高級品では」

と思い、本当にもらっていいのか患者さんに尋ねると

「おお、いいよ。あげるからここに置いといてよ」
とのことです。いいのかなぁ。

実はこういう展開になる前にこんなやり取りがありました。

クラブを握って動作を確認
この患者さんはゴルフで手首を傷め、当治療室に来院しました。
来院時は手がグローブのようにパンパンに腫れ、痛みで夜眠ることもままならない状態でした。

ゴルフで傷めたにしては症状がひどいので、病院で診察を受けたか確認すると、
レントゲンや血液検査など一通りの検査はしており、特に診断名はつかなかったとのこと。

施術を重ねること数回、徐々に痛みも腫れも引いてきました。
状態を確認しようと日常生活での痛みの有無などを尋ねていると、
「クラブを握って確かめてみたい」
と言われました。

ところが私のところにはゴルフクラブはありません。釣竿など形状や重さの近いものを
いくつか試して頂きましたが、どうもしっくりこない様子でこの日はお帰りになりました。


折れない心
その次に来院されたときに
「このクラブあげるよ」
という前述の展開となります。

治療後の変化をすぐゴルフクラブを握って確認したい。でもここにはクラブがない。
では持参しよう、ということだったようです。

とはいえ、まさかいただけるとは…。

クラブのことはよく分かりませんが、せっかくいただいたものです。
患者さんがお帰りになってから、しげしげと観察してみます。

ん?

なんかグリップが少し曲がっているような気が…。
ドライバー 3

折れてる?
ドライバー 2

なるほど、そういうことでしたか。
高級品をいただいてしまったようで落ち着かなかったのですが、
グリップが折れているのを見て一安心です。

この患者さんは大好きなゴルフを一日も早く再開するために、
2か月間頑張って通院してくださいました。
途中経過が芳しくない時期もあり、私も心が折れそうになったことも
ありましたが、今は以前と変わらずゴルフを楽しんでいるとのことです。

また困難に直面した時は、いただいたこのクラブを見てもうひと踏ん張りしたいと思います。







関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/357-c8d40199