FC2ブログ
鍼を打つときに使う管

鍼を体に打つ方法はいくつかありますが、一般的なのは鍼管(しんかん)とよばれる管を使う方法です。
鍼を受けたことのある人なら見たことがあるかもしれません。

     鍼のいろいろ
(青い鍼にかぶっている管と下の赤っぽい管2本が鍼管です)

鍼管は、鍼が皮膚をわずかに貫く時の痛みを軽くするための道具で、江戸時代に考案されました。
現在では日本をはじめ、世界中で使用されています。
鍼は中国から日本に伝わったものですが、鍼管を発明したのは杉山和一という盲目の日本人です。

5月11日の日曜日、杉山和一の遺徳をたたえる『杉山祭』が江ノ島で行われ、
私も参列してきました。

墓前祭と神恩謝恩祭

まずは湘南海岸を見下ろす江ノ島の中腹にある墓所へ向かいます。
      杉山検校の墓 解説

             杉山和一の墓

ここで江島神社の宮司さんが神事をとりおこない、多くの参列者とともに
私も神妙な心持でこうべを垂れ、お線香をあげさせていただきました。

次に神恩感謝祭が行われる江島神社の境内に向かいます。

転んだ先にあったもの

境内に向かう途中、大きな石が。

     福石

どうやらこれが杉山和一が『福石』のようです。
『福石』と『鍼管』については、↓をご覧ください。

     福石の解説

福石につまずいて倒れ、気を失った杉山和一が見たのは女神様、弁財天だったのですね。
では、その女神様にも感謝の気持ちをささげに行かなくてはいけません。
ということで、『神恩感謝祭』にも参列してきました。

これまで神事に参列する機会がほとんどなかったのですが、厳かな雰囲気の中で祝詞を聞きながら
静かに座っているというのは心洗われる素敵な経験でした。

神事の後は昼食会です。
     岩本楼の宴会場

昼食会では鍼灸学生時代に教えていただいた先生に再会し、少々お酒もいただき良い気分に。
当日はお天気も良く、気持ち良い一日でしたが、一つ気になることがあります。
くだんの『福石』ですが、結構大きい石がいくつかならんでまして、
はて杉山検校はどれにつまずいたのやら…。

この謎を解明すべく、また来年も参加したいと思います。

湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら

















関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/320-2a8175c1