北の大地へ
私が「陰陽太極鍼」という刺さない鍼を知ったのは、2008年のことでした。ある鍼灸専門誌の対談記事にそのちょっと不思議な鍼のことが載っていたのです。

見よう見まねでこの方法を臨床で試してみたところ、患者さんも治療している私も驚くような劇的な効果があることが分かりました。興味を持った私は関連する論文や雑誌の記事、DVDなどを手に入れ、少しずつ臨床に応用し始めました。しかし、治療効果はあるのですが長続きしない、それどころか全然効かないこともたびたびあり、すぐに独学の限界を感じました。

より実践的な勉強の必要性を痛感した私は、ひそかに北海道での研修を計画。この夏やっと念願かなって北海道帯広市の『東方鍼灸院』で4日間の短期研修を受けてきました。


東方鍼灸院 外観



研修初日、挨拶をしようと受付に行くと…
お知らせ
「患者の皆様へ」というお知らせにバッチリ名前が書かれていて、ちょっと緊張しました。


刺さない鍼
(はり)として有名な「陰陽太極鍼」は東方鍼灸院の院長である吉川正子先生が考案されました。吉川先生は研修生の受け入れなど後進の育成にも尽力されており、私が伺った7/24(水)~7/27(土)以外も全国から沢山の研修生が勉強に来ていたようです。


いよいよ北の大地で4日間の研修が始まります。







関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/303-88bcc71a