FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
捨て身の攻撃
懐かしい少年時代、コマ回しに興じていたころのお話の続きです。

先に回っているコマを攻撃する必殺技は

「こっぱ」

とよばれていました。
どうも語源は「木端微塵」からきているようで、地域によって呼び名が違います。
東京出身の友人は「がんつ」と言っていました。
(先日伊勢原市出身の患者さんからも現地での名称を教えてもらったのですが
残念ながら失念してしまいました)

「こっぱ」は野球のオーバースローのように腕を振り下ろしつつ
コマに巻いてあるヒモを素早く手前に引き、
コマを回しつつ敵にたたきつける高等技術(?)です。

かなり稀ですが、敵のコマに見事命中すると一発で真っ二つに割れることもありました。
まさに一撃必殺、木端微塵です。

ところが標的を外してしまった場合は、アスファルトにたたきつけた自分のコマの芯棒が折れるなど
自爆の危険性もある大技でした。

チューンナップ?

このころの私たちの主戦場は車通りの少ないアスファルトの道路上でした。

コマの芯棒は木製です。当たり前ですが、長く使っているとアスファルトとの摩擦で
芯棒が削れて短くなってきます。これを何とか食い止めなければいけません。

当初は芯棒に釘を打ち込んでいましたが、いかんせん釘に使われている鉄は柔らかく、
木製の芯棒と一緒にどんどん摩耗してしまいます。

そこで試行錯誤して編み出されたのが
「芯棒にベアリングを打ち込む」(コマが大きければパチンコ玉)
という改造です。

私は「大山コマ9号」にパチンコ玉の組み合わせがお気に入りでした。

大山ゴマとベアリング

ベアリングで芯棒を強化したコマは「こっぱ」の攻撃力も増し、
回っているときの音も低い金属音がして迫力がありました。

また、こっぱで敵のコマをはずしてしまい、アスファルトを思いっきりたたいてしまった時に
「ちっ!」と散る火花も何とも子供心をくすぐったものです。

果てなき改造合戦

コマで遊んでいた少年時代、一番楽しかったのは勝つために工夫を凝らし
自分のコマを改造することでした。

コマ本体でいえば、

・芯棒にベアリングやパチンコ玉を埋め込む

・ベアリングを埋め込んだ芯棒が割れないようにビニールテープを巻く

・こっぱ対策としてコマの上面にビニールテープを巻く


コマを回すヒモには

・コマの回転を増すときに使う「はたき」をつける
(これもぼろきれ、ビニールひもを細かく裂いたものなど多様なものがありました)

そのほかにも細かいことを上げればきりがないほど
皆明日の勝利のために(笑)小さな脳みそをくるくると回転させていました。

昔の子供は今ほどモノが豊富で無かった分、
楽しく遊ぶために手と頭をよく使っていたような気がします。

あのころ体に染みついた習慣なのか、私は今でも治療道具などで
「ちょっと使いづらいなあ」と思うものには手を加えてしまいます。
治療方法も、無い知恵を絞って必死に考えています。


同窓会で久しぶりに再会した懐かしい同級生の中に
コマもメンコも野球などのスポーツもなんでもござれ!
という同級生がいました。

彼は学業成績も優秀で、彼が改造したコマはどれも美しく、かつ最強でした。

あれから、二十数年。

彼が四半世紀をかけて改造したのは、彼自身でした。



「お前はいったい誰だ?」



(おわり)






関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/297-dcf3ed53
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。