FC2ブログ
今回は台座灸と円筒灸を紹介します。
どちらももぐさが直接皮膚に触れないので、気持の良い温感を味わうことが出来ます。

せんねん灸
(台座灸)
底がシールになっていて、簡単にツボに貼ることが出来ます。

せんねん灸


こちらは円筒灸。
上の台座灸と同じように、もぐさと皮膚の間に空間があります。
つぼ灸ネオ

つぼ灸ネオネクスト
各社からいろいろな製品が販売されていますが、
こちらは底面にノリがついていて、簡単に皮膚に貼れるタイプです。

このタイプは比較的簡単に使えるので、「自宅でお灸をしてみたい」という患者さんにおすすめです。
(ご希望の患者さんには治療室そらで販売もしています)

メーカーにもよりますが、熱さが「強」「レギュラー」「弱」などにわかれているので、
いくつか試してお好みの熱さを選ぶと良いでしょう。

また、このタイプはもぐさが直接皮膚に触れないとはいえ、
熱感の強いタイプを無理に我慢して使用すると当然火傷を負うことがあります。
使用方法をまもり、安全で気持ち良いお灸を心がけましょう。


お灸に興味があるけど、「灸点紙」を使おうが「灸熱緩和器」を使おうが、
やっぱりお灸は怖い!という方は、まずは台座灸や円筒灸からの入門がおススメです。


湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/231-e61a2661