FC2ブログ
午前中は少しお日さまが顔を出したのですが、今日も涼しい一日となりました。

昨晩押入れの奥から引っ張り出したこのペットボトル、中身は・・・。

使用済み

使用済みのはりです。その当時使用していたメーカーがバレバレです。

画像のペットボトル入りのはりは、学生時代自宅で自分にはりを刺してたり、友人と刺しつ刺されつ練習していた頃に、「そのうちそのうち」と廃棄を先延ばしにしていたものです。

どういうわけか、現住所に落ち着くまでの数回の引っ越しをついてきました。処分に困っていたのでしょう。

私たち鍼灸師が使用するはりは、産業廃棄物の中で「感染性廃棄物」に分類されています。

当たり前ですが、ペットボトルに詰めたまま資源ごみなどに出すのはもってのほか、です。

では、「感染性廃棄物」である使用済みのはりはどのように処分するかというと、専門の産業廃棄物処理業者さんに委託するのです。

委託契約が済むと、業者さんが専用の容器を届けてくれます。

バイオハザード

「感染性廃棄物」の容器には、「バイオハザードマーク」がつきます。

バイオハザード2

ちなみにはりは「鋭利な物」なので、マークの色が黄色になっています。注射針などと同じ扱いですね。

これは20Lの容器ですが、一杯になった時点で業者さんに連絡すると、新しい容器と引き換えに引きとってくれます。

その後、中間処分場へ送られ焼却処分、とあいなります。

さらに燃え殻の一部は最終処分場でさらに処理されて、道路の路盤材などに利用されるようです。

今日歩いたあの道も、もしかすると使用済みのはりが使われているのかもしれません。




藤沢市湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/177-b517cc1c