FC2ブログ
すっかり暖かくなり、原付での往診が快適な季節になってきました。


少し前に「工場萌え」といって、外部から工場を眺めて盛り上がっている人たちが話題になりました。

実は私も結構好きです、工場。

いろいろと好きなタイプがあるのですが、夜間も煌々とライトがついていて、複雑なパイピングの塊になっている化学プラントなどは、一般人(?)が見ても美しいと感じるのではないかと思います。

外観もいいのですが・・・。

工場内部も捨てがたい魅力があります。

一番の魅力は新しく「物が造られる現場である」という事に尽きると思いますが、その次に来るのは「音」と「匂い」でしょう。重厚なプレス機の音、切削油と金属を旋盤で削る時の焼けた匂い。なぜかワクワクしてしまいます。

半導体の工場などは、匂いもせずチリ一つ落ちていませんが、私にはあまり魅力的に感じられませんでした。少々油で汚れるような現場のほうが性にあっていたのでしょう。


私は鍼灸・マッサージ師になる前は、とある機械メーカーの営業マンとして、さまざまな顧客の工場に出入りしていました。

そんなこともあって、いまだにメカや工場が好きなのですが、次回は工場で見てきた印象深いモノについて書きたいと思います。

(つづく)







関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://shonandaisora.blog53.fc2.com/tb.php/122-0f51f779