FC2ブログ
鍼灸学校の教員になるには
鍼灸学校を卒業後、さらに教員養成課程でもある「臨床教育専攻科」に進学した目的は、「臨床経験を積むこと」でした。しかし、専攻科の2年間では自分自身十分と思える経験を積むことが出来ず、またしても卒後の身の振り方に悩むことになってしまいました。

もう「進学」という選択肢はありません。鍼灸・マッサージ師として、稼いで食っていかなければならないのです。脱サラ後、5年間の学生生活で経済的にはかなりひっ迫していました。出来れば安定した収入が見込めるところに就職したい。一番可能性が高いのは鍼灸学校の教員になることでした。

その当時、2004年頃は全国に新設の鍼灸学校が設立され、各校が教員資格者を積極的に募集していたのです。
school_sensei_kokuban.jpg


しかし、収入の安定を求めて教員になるのは、サラリーマンに戻るということです。それにはやはり違和感がありました。
もう一つ気がかりだったのは、臨床教育専攻科に在籍した2年間では、鍼灸学校で講義が出来るような十分な臨床経験を積んだと自分で思えなかったことです。

「現時点で鍼灸学校の教員になるのはやめておこう」

そう決断しました。

勤務鍼灸師時代
卒業を控え、ただ一人卒業後の身の振り方が決まらない私を見かねて、同級生が就職先を紹介してくれました。町の個人医院が鍼灸師を募集していて、勤務は週3回、治療方法は特に指定されず、自由に鍼を施術してよいとのこと。医師が適応と考えた患者にどんどん鍼灸をすすめるので、患者数は少なくはないようです。

自分が望んでいた形態に近かったので、この医院にお世話になることを決めました。
medical_kojin_byouin.jpg



働き始めると、運動器疾患がほとんどでしたが、予想通り患者数はそれなりに多く、週3日は存分に鍼を施術することが出来ました。身近に指導してくれる人がいないので、日々の臨床は手探りです。これまで学んできたわずかな知識と経験を総動員しても、結果が出ないことも少なくありませんでした。

この医院に来る週3日以外は、臨床教育専攻科時代からの患者さんを中心に、往診をしていました。仕事を掛け持ちすることで、どうにか食べていけるくらいの収入を得ることができ、一見安定しているかのような日々が続きました。



訪問マッサージの世界へ
一見安定しているような生活が3年ほど続いたころ、「いつまでこの状態が続くのだろう」という不安が徐々に強くなってきました。何とか自分一人で食べていけるようにしたい。いろいろと考えた末に、同級生が着々と事業を拡大していた訪問マッサージの世界に入ってみることにしました。

この時も勤務は週3日で、パート勤務としては良い条件で雇ってもらうことが出来ました。病院勤務中には出会うことがなかった状態の患者さん宅を、冬の雨の日も、猛暑の夏も原付バイクで訪問する日々。
bike_scooter_man.jpg


こちらでも2年ほどお世話になり、良い仲間にも恵まれ、多くの貴重な経験を積ませてもらい、鍼灸ではありませんが、どうにか一人でも食い扶持を稼げそうな自信を持つことが出来ました。

さあ、今度こそ一人立ちしよう!

(つづく)
関連記事
スポンサーサイト