FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの上京(?)で解けた疑問
11/19(日)・11/20(月)の二日間、東京で鍼灸のセミナーを受けてきました。このブログでも何度も書いている「整動鍼」の「応用☆五体躍動編」です。毎回のことながら、内容は日々の臨床に即役立つものや、現場でなかなか解決することが出来なくて悩んでいた疑問を解決してくれるものばかり。あまりの内容の濃さに、私の頭は若干オーバーヒート気味です。

中でも特に印象深かったのが、「陽池」というツボの解説でした。左の「陽池」は明治から昭和初期にかけて活動し、名人とうたわれた沢田健先生が灸治療で多用したツボです。以前沢田流の本を読んだ時に、なぜ陽池なのだろうとしっくりこないものを感じていたのですが、セミナーでの栗原先生(整動協会代表)の解説に深く頷いてしまいました。その内容をここに書くことはできませんが、ツボというものの奥深さを改めて教えられた気分になりました。

このツボをこんな時に使うのか…!このツボとあのツボが関係しているとは…!そんな驚きに満ちた二日間でした。

イクラが食べたい
東京での2日間のセミナーを終えて帰宅した後は、過熱気味の頭を冷ますべく、少々ビールなどを頂くのが恒例となっています。最寄りの駅に着き、ビールとおつまみを買おうとスーパーをのぞいてみました。鮮魚コーナーにおいしそうなイクラがあったのですが、やっぱりちょっと高い…。今年は鮭が不漁だったようで、その影響でイクラや筋子も値が上がりました。

イクラは食べたい。しかし、高い。もう少し安くおいしいイクラをたくさん食べたい!

実は対策済みです。イクラに加工される前の「生筋子」を買って、自家製イクラの醬油漬けを作っておきました。

作り方は割と簡単なおですが、以前はある作業工程で悩んでいました。筋子をばらす作業です。昨年まではぬるま湯の中につけた筋子を指で一つ一つばらしていたのですが、いかんせん時間がかかる上に、つぶれてしまうものも多く、何とかならないものかと思っていました。

ふと思い立ち、ネットで検索したところ良い方法が見つかりました。
意外なものが役立ちます。

バドミントンのラケットです。百均で買ってきました。
イクラ作り1


これをざるの上にのせて
イクラ作り2


その上に生筋子を。
イクラ作り4


生筋子をガットに軽く押し付けながらしごいていきます。
イクラ作り3


きれいに卵をばらすことが出来ます。つぶれてしまうものが予想以上に少ないです。
イクラ作り5


あとは作り置きしておいたタレにつけるだけ!美味しそうです。
イクラ作り6


モノは使いよう
バドミントンのラケットは、シャトルを打つための道具。これが一般的な認識だと思います。しかし、常識を飛び越えると意外なところで使えることが分かりました。実際生筋子をバドミントンのラケットでほぐしてみると、手でほぐすよりもはるかに早く、かつイクラにした時の柔らかさも勝っていました(これは温水と冷水の違いが大きいと思います)。しかもちょっとネットを検索しただけですぐ得ることが出来る情報です。

鍼灸師として日々施術をしていると、使い慣れている使用頻度が高いツボがいくつか出てきます。「こういう時は、ここにこんな反応が出ている。ということは、このツボが使えそうだ」、と。これはこれで蓄積された経験として大切なことなのですが、一方で一つのツボの使い方を定型化してしまう可能性もあります。私が臨床で使ういくつかのツボも、そうなっているかもしれません。

今回受講してきたセミナーで、自分の頭の中に作られていた「ツボの使い方」を再構築する大きなきっかけを得ることが出来ました。沢田流ではなぜ「陽池」を使っていたのか。鍼なのか、灸なのか。その理由は。

まだまだ勉強が足りないな、と思いながらオーバーヒート気味の頭を冷ましています。
イクラ、美味しかったです。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。