7年間風雨にさらされて
治療室そらは、湘南台で開業して今年で8年目をむかえます。思い返せば、あんなことやこんなこと、悲喜こもごもありましたが、どうにか今日をむかえられたことに感謝しています。

7年間の間に治療方法や使う道具がいろいろ変わりました。もちろん変わらず使用している物もあり、中には傷みがはげしく交換しなければならないものもあります。

今回は磨いてもくもりが取れなくなってしまった駐車場のミラーを交換しました。

駐車場ミラー交換9

7年間で変わったもの
このミラーは、開業当時に近所のカー用品店で購入して、自分で取り付けたものです。
今回も同じものを同じ店で買ってきました。
駐車場ミラー交換6

今まで使っていたものと鏡本体は同じようですが、取り付け用のステーの形状が変わり、ボルトも屋外では錆びやすいスチール製からステンレス製に変更されていました。

駐車場ミラー交換4
交換前。ステーもボルトも腐食が進んでいます。

このような状態で無理にボルトを回そうとすると、ねじ山がなめてしまうことがあります。そうなると厄介なので、強い味方を登場させます。
駐車場ミラー交換7
一吹きして数分後、無事に腐食したねじを外すことが出来ました。

駐車場ミラー交換2
ステーは旧タイプよりアーム部分が長くなりました。

駐車場ミラー交換3
旧タイプは4本のボルトでステーを固定していましたが、新タイプは2本になっています。
余談ですが、ボルトを打ち込んでいる板はかまぼこの板です。なかなかの耐久性で、まだ十分使えそうです。残念なことにどちらの会社のものか控えておくのを忘れてしまいました。

駐車場ミラー交換1
完成。作業時間は10分ほどでした。

7年間で治療室そらも変わりました
さほど考えもなく同じミラーを7年ぶりに買ってきましたが、この製品は着実に進化を遂げていました。

きっと製品に対する良いフィードバックを受けて、それを次の製品にしっかりと反映することが出来るメーカーなのでしょう。

治療室そらの施術方法も7年間で随分変化しました。開業当時の施術を覚えている方は、現在の施術に驚くかもしれません。日々の臨床から気づいたことを、無い頭を振り絞って少しずつ積み重ねてきた結果です。まだまだ気づいていないこと、見えていないことが沢山あるに違いないと思っています。

幸いにも、未熟な自分を鍛えなおす事が出来そうな素晴らしい勉強会に参加することが出来ました。
このブログにも何回か登場している「活法研究会」です。良き先生方、良き仲間たちに巡り合うことが出来ました。これからも良い刺激を沢山をもらい、こちらからもフィードバックをして、より良い施術が出来るようにどんどん変化していきたいと思います。

駐車場ミラー交換5
新しいミラー。映る景色は変わったでしょうか。


関連記事
スポンサーサイト