DIY
年齢のせいにはしたくないけど
人間年齢を重ねて初めて分かることがたくさんあります。若かりし頃は、人生の諸先輩方にいくら言われても分かろうとしなかったこと、自分だけは違う、そうはならない、と思い込んできたことが事実として目の前に突き付けられた時の衝撃と落胆。

今はすっかり受け入れていますが、そのようなことの一つに「老眼」があります。数年前、カルテを見るときに何気なく顔から離したのを患者さんに指摘されました。そういえば、そうです。夜間に車を運転する時も何となく以前より標識が見えにくい気がしていました。

コンタクトレンズの劣化も疑い、眼科に行ってみましたがコンタクトの度数は変わらず。やっぱりそうですか。
仕方がない、思いながら帰宅して何気なく通りから治療室そらの入口にかけている「休診」のプレートを見た時に、文字の色が薄くなっていて非常に見にくいことに気づきました。

プレート作り-8

私が見ずらいということは、ご高齢の方には大変見にくいと思われます。
これはすぐに見やすい新しいものに変えなければいけません。

意外と簡単に自作できると思いきや…
まずは手っ取り早くネット通販で既製品を買うことを考え、amazonを見てみると、既製品の「診療中」と書かれたプレートが1枚¥1000ほどでした。治療室そらで使うのは「診療中」の他に「往診中」「休診」の2枚です。今まで使っていたプレートは、開業当時に自作したものなのですが、これを流用して表面の文字だけ貼り直すことにしました。

プレート作り-9

今回はこれを使います。

プレート作り-7

wordで書いた文字を印刷して、透明の保護シート(?)に張り付けていきます。

プレート作り-6

慎重に作業しないと…

プレート作り-5

こんな風に失敗作が出来上がります…。ああ、もったいない。

二回目は慎重に慎重に。
プレート作り-11

プレート作り-10
どうにか張り合わせ完了です。

あとはアクリル板に合わせてカットし、張り付けるだけです。

完成!
プレート作り-2

プレート2枚(文字は両面)の製作費
購入品はラベルシートのみ。amazonで¥1106でした。
アクリル板は今まで使っていたものを流用しました。かなり前にホームセンターで購入したのですが、A4が2枚くらいとれるサイズで¥1000もしなかったと思います。

作業時間は30分程でした。

「診療中」
「往診中」
「休診」
おまけで「お大事に」
の4種類のプレートをこのくらいの手間暇で作ることが出来ました。

あとはどれくらいの時間で劣化するか、しばし観察です。
意外と楽しい作業だったので、また時期が来たらバージョンアップ版を自作したいと思います。


関連記事
スポンサーサイト