趣味はサーフィン!?
ご覧になった方もいると思いますが、治療室そらのホームページに私のプロフィールが載っています。
「趣味」の一つに→「サーフィン(休眠中)」とあります。湘南台で開業してから一度も海に入っていないので、
長い休眠です。

おまけに、実は超初心者です。自転車に例えると補助輪つきで何とか乗れる、といったレベルです。
ただ、海の近くに住んでいたころは、波に乗れなくても夜明けや夕暮れの海に入っているのは
とても気持ちがよく大好きでした。

いつかまた波乗りを再開したい。そんな思いもあり、「趣味」→「サーフィン」なのです。

レジェンドサーファー、ご来院!
昨年のことです。
秋も終わりに近づき、「ああ、今年も結局波乗りには行かないまま終わりそうだな…」と思いながら
日々を過ごしていました。

そんなある日、新患さんが入りました。
いつも通り医療面接をしていると、

んん?この人はもしや…?

との思いが。

私が持っているロングボードは、10年ほど前にある方から譲っていただいたものなのですが、
その方のご家族からこのボードをシェイプした方や、その兄弟がいかにすごいサーファーなのか、
よくお話を聞いていました。いわゆる「レジェンド」と言われる人たちです。

確認させていただくと、やはり私のロングボードをシェイプ(*1)した

TRUE SURFBOARDS の平野太郎さんでした!
平野太郎さん-1


「ホームページを見たら、趣味サーフィンと書いてあったので…」
と平野さんに言われ、

「いや、あの、趣味というほどのものではなく、何というか、サーフィンは好きなのですが、
やっと板の上に立って、かろうじて横に進むという感じで、で、で、ででも海は好きなんです。」

と、しどろもどろのよくわからない返事をしてしまいました。

そんなど素人の私に平野さんは治療の合間にサーフボードの作り方など、
サーフィンに関わる様々なことを優しく教えてくれました。

(*1)シェイプ…サーフボードを作る工程で最も重要な作業。
サーフボード制作の工程に興味がある方はこちらをご参照ください→日本のサーフボードはこうしてできあがります

この夏は波乗り復活!?
鍼灸師として働いていると、様々な職業の方と出会います。
今の仕事に就く前に、機械メーカーの営業マンとして働いていた私は
基本的に人と会うことが大好きです。どんな人にもその人ならではの物語があり、
私の知らなかった世界を知ることが出来るからです。

多くの人と出会う中で、業界を問わず、「一流」と言われる人にも会ってきました。
個人的な印象ですが、その人たちには共通する雰囲気があります。
平野さんからも同じ空気を感じました。

謙虚であり、物腰が柔らかく、穏やか。
それでいて、何とも言えない気の大きさを感じさせます。
あの迫力は何と表現していいのか。決して威圧的ではないのですが、圧倒される空気をまとっているのです。その道を追求し続け、極めた人たちだけが持っているものだと思います。

そんなレジェンドに、不躾ながらしばらく使っていないロングボードをチェックして頂きました。
結果、「これはオークションでいうと極上ですよ。」とのお墨付きをいただきました。

とてもうれしいことに、一緒に記念撮影までしていただきました!
ありがとうございました!
平野太郎さん-2

平野さんからいろいろとサーフィンや海にまつわる話を聞き、
久しぶりにサーフボードをさわったら、なんだか波乗りに行きたくなってきました。

今年こそはちょこっとだけサーフィンを再開してみようと思います。

平野太郎さんのお店はこちらです→ TRUE SURFBOARDS
関連記事
スポンサーサイト