サンタさん
いつの頃からか、「クリスマスイヴ」だからと言って浮かれることがなくなり、
10代、20代の頃のように、心ときめかしたり一人切なくなることもなくなりました。

なぜなら、ここ数年は「サンタさんを待つ人」から家人が寝静まった真夜中に
そっとプレゼントを届ける「サンタさん」へと立場が変わったからです。

そんな自称サンタには、誰もプレゼントを届けてくれません…。
昨年はたまたまクリスマスイヴが治療室そらの定休日と重なったので、
旧友とプレゼントを探しに早朝の海に出かけることにしました。


日の出を眺めながら
当日は午前4:10に起床し、4:30に旧友に車で迎えに来てもらいました。
暗い夜道を走ること数十分、目的地の海岸に到着です。

海岸を10分ほど歩き、狙っていた場所に入ります。
狙うプレゼントは、高級魚のヒラメとマゴチ。

美味しい刺身をたらふく食べれることを夢見て、粛々と竿を振ります。
しかしどちらも高級魚と言われるだけあって、そう簡単には釣れません。

この海岸に来たのは2014年では5回目ですが、食べれる魚は一度も釣れず、
この日が2014年最後のチャレンジでした。

西湘の夜明け

暗いうちからせっせと竿を振り続けること1時間半あまり。
魚の気配が感じられず、だんだんやる気がなくなってきます…。

だれた気分でリールを巻いていたその時!
「ゴゴンッ!」という強いアタリがきました。

まさか来るとは思っていなかったので、おたおたしていたら旧友が魚を浜辺に
引きづり上げてくれました。

マゴチ58cm

マゴチです。見た目はこんな感じですが、大変美味な魚です。
サンタさんからの粋なプレゼントでした。

良い記憶を脳に刻みつける
今回は昨年の出来事を書いてみました。
自分にとっての良い記憶をしつこく反芻しています。

なぜなら・・・、

今年は釣りであまり良い思いをしていないからです…。
負の記憶が染み付いてしまわないよう、ちょっとあがいています。

これは体の痛みなどでも言えることらしく、
昨年私が鎖骨を骨折して手術を受けた後も麻酔科のDr.に、
痛みを我慢しないで、少しでも痛くなったらすぐ鎮痛剤を使用するように
言われました。

「痛み」の記憶が脳に刻み込まれてしまわないための処置なのではないか、
と考えています。「痛み」がある時は、我慢してその状態を長期間放置せずに
早期に適切な処置を受けるようにしましょう。

2015年も残り少なくなってきました。

「釣れない」という痛み記憶を何とか今年中に払拭したいものです…。










関連記事
スポンサーサイト