FC2ブログ
8/31(日)、小田原市で行われた

「ビッグレスキューかながわ」
神奈川県・小田原市合同総合防災訓練

を見学してきました。

『かながわ県のたより』によると、【内容:警察・消防・自衛隊等広域応援部隊による救出救助。
自衛隊と県医療関係機関等が連携した医療救護活動など。】となっていて、
日頃つい忘れがちな防災意識を高めるには格好の機会です。

会場は小田原市の酒匂川スポーツ広場で、東海道線の鴨宮駅から徒歩20分ほどです。
鴨宮は私が通っていた鍼灸の専門学校の所在地でもあり、学生時代を懐かしく思い出しながら
街の中を歩きました。

会場に到着すると、すでに訓練が始まっていました。

ビッグレスキューかながわ 2014-2

ビッグレスキューかながわ 2014-1

ビッグレスキューかながわ 2014-11
消防の特別救助隊。統率された無駄のない動きが見事です。

ビッグレスキューかながわ 2014-4

ビッグレスキューかながわ 2014-13


ビッグレスキューかながわ 2014-7

ビッグレスキューかながわ 2014-8
普段はなかなかお目にかかれない自衛隊。救助犬の姿も見えます。

ビッグレスキューかながわ 2014-23
救助された人たちは、医療チームの治療を受けます。
県下の病院・自衛隊・アメリカ軍など所属の違う医療関係者がチームとなって対応していました。

ビッグレスキューかながわ 2014-3
消火器の体験コーナーなどもあり、いろいろと楽しみながら防災を学べます。

次から次へと飛来するヘリコプターも迫力がありました。
ビッグレスキューかながわ 2014-5

ビッグレスキューかながわ 2014-8
陸上自衛隊(?)

ビッグレスキューかながわ 2014-9
アメリカ空軍。 ドア全開で上空から手を振ってくれました。サービス精神旺盛です。

ビッグレスキューかながわ 2014-10

ビッグレスキューかながわ 2014-12
海上自衛隊

訓練のとりを飾るのは県警航空隊と横浜消防航空隊。
ビルの屋上に取り残された人を、上空のヘリコプターから救助します。

神奈川県警
ビッグレスキューかながわ 2014-16

ビッグレスキューかながわ 2014-18

続いて横浜消防
ビッグレスキューかながわ 2014-19

ビッグレスキューかながわ 2014-21

ビッグレスキューかながわ 2014-20

ビルの上空でピタッと動かずにヘリコプターをホバリングさせているパイロット。
救助作業をするレスキュー隊員。
それをフォローする搭乗員。

すべてが見事に連携していて、見ていてほれぼれとしました。本当に格好良かったです。

ヘリの救助訓練に限らず、どの団体の方たちもそうなのですが、
日々何千回何万回と厳しい訓練を重ねてきているのが伝わってきました。
まさにプロフェッショナルの仕事です。

私も防災意識を高めるとともに、彼らを見習って日々の訓練を怠らず緊張感を持って臨床にのぞもう!
とあらためて思いました。

ビッグレスキューかながわ 2014-22
閉会式。 お疲れ様でした。

来年のビッグレスキューも楽しみにしています。























関連記事
スポンサーサイト