FC2ブログ
東日本大震災から2年がたちました。
いまだに多くの行方不明者がいて、また避難生活を余儀なくされている方たちが
大勢いることに胸が痛みます。


酒を飲むなら

そういえば、行く先々で見かけた募金箱も最近は目にすることが少なくなってきました。
私が寄付した微々たるお金は、どこで役に立ったのか少し気になります。

3月に入り、少しずつ暖かい日が増えてきましたが、
この冬の寒さは厳しかったです。私は元来ビール党でしたが、あまりの寒さに
ビールをほとんど飲まなくなり、かわりに少量の日本酒を飲むようになりました。

近所のスーパーで見つけたお酒がこちら。
奥の松

福島県の「奥の松」というお酒ですが、売上金の一部を義援金として寄付してくれます。
呑んで復興支援!

ほんの少しですが、これも復興支援。


久しぶりの無料施術

東日本大震災の起きた年は、被災地に入るボランティアや職業人の方々向けに
初回に限り無料で施術をさせていただいていました。
(詳しくはこちら⇒2011.07.05 無料にて施術します(ふんばろう東日本支援プロジェクト)

先日、以前から来院していたCさんという患者さんが

「年末に陸前高田にボランティアに行ってきました」

とおっしゃっていました。

詳しく聞くと、昨年末は鮭の養殖場の清掃、年が明けてからの何回かは
養殖する牡蠣の稚貝の選別をしてきたそうです。

震災後しばらくは、がれきの撤去や被災家屋の清掃などが多かったようですが、
時間の経過とともに、現地でボランティアさん達に求められる作業も
変化しているようです。

自腹を切って作業用の安全靴とレインウエアを買い、
厳寒期にボランティアに通っているCさんに敬意を表し、
久しぶりに無料施術をさせていただきました。


出来ることを続けていく

あの日から2年の歳月が流れました。
被災地に実際行った人に聞いたり、各種の報道を見ていると
復興にはまだまだ長い時間がかかりそうです。

遠く離れた神奈川で日常生活を送っていると、被災地の現実がなかなか
実感しにくいのですが、あの日起こったことを忘れずに
自分が出来ることを地道に続けていこうと思います。


関連記事