痛いのは利き手

2012年最後の営業日に来院した「ひょうそ」の患者さん。

通常なら「明日も来てください」とお伝えするところですが、
治療室そらも明日から年末年始の休暇に入ってしまいます。

そこで少量のもぐさを渡して、お灸のすえ方を簡単に説明し、
「毎日家族の誰かにお灸をすえてもらってください」
とお願いしました。

紫色にはれて、激しい痛みが出ているのは利き手である右手です。

ご家族の協力を得られるといいのですが…。

娘さん、大いに奮闘す
2013年の営業開始2日目、この患者さんが来院しました。

昨年末腫れ上がっていた親指を見ると…

おお、見事に腫れがひいているではないですか!
若干色は残っているものの、夜間も痛まないし、動かしても問題ないとのこと。

休みの間毎日娘さんにお灸をすえてもらっていたそうです。

娘さんは初めてのお灸で、だいぶ苦労したようです。

まず、もぐさを小さくひねることが出来ない(米粒より少し小さいサイズが標準です)

どうにかもぐさの形を整えても、今度は爪の上にあるツボにうまく置けない
(この場合はツボを綿花で湿らせたりします)

次にツボにおいたもぐさに線香で点火するのですが、
もぐさが線香にくっついてきてしまう(業界では「ちょうちん」といいます)
などなど…。

患者さん曰く、
「一見簡単そうに見えるけど、やってみると案外難しいのね」

はい。手際よくお灸をすえるには少し練習が必要です。

熱くなったら治ります

症状に適したツボに毎日お灸をすえていると、初めは何壮すえてもなかなか熱さを感じなかったのが、
症状が治まるにつれ、少ない数でも熱さを感じるようになってきます。

患者さんには
「1壮で熱く感じたら終了です」
と伝えておきました。

娘さんにお灸をすえてもらうこと数日、1週間たたずに1壮で熱さを感じるようになったとのこと。
同時に症状もほぼ治まったようです。めでたし。

「それにしても、この歳になってまさか娘に灸をすえられるとは思わなかったわよ(笑)」
と患者さん。

「本当は娘さん、もぐさを小さくひねれないなんていいながら
わざと大きいお灸をすえてたんじゃないですか(笑)」
と私。

親子でわ~わ~と騒ぎながらお灸をすえてる様子は
なんとなくほのぼのとしていいものだな、と思いました。
お灸も思わぬところで役に立つものです。

また機会があれば、自宅で出来る鍼灸療法をアップしていきたいと思います。

湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら








関連記事
スポンサーサイト