FC2ブログ
2012.09.16 初めてのツボ
子供は「ツボ」が好き?

8月のある日、患者さんが「夏休みなので子供も一緒でいいですか?」
と小学生のお子さんを二人連れて来院しました。
子供達にも鍼灸に親しんでもらいたい、と考えている私は大歓迎です。

私が鍼を打ったり、灸をすえたりするたびに

「そこってツボ~?」
「痛い~?」
「熱い~?」

とにぎやかでしたが、そのうち兄弟でお互いの体を指で押し合いながら

「ツボ押し~!!」
「こっちもツボ押し~!」
と格闘状態になりました。

私はそれを見ながら、自分の小学生時代を思い出していました。


肩こりの時は…

「ツボ」という言葉を覚えたのは、小学5年生の頃でしょうか。当時大人気だった

「北斗の拳」

というマンガの影響が大きかったような気がします。

小学生なりの認識としては「ツボ」とは

「急所」で、使いようによっては「病気も治せる!」という
不思議なモノ(場所?)、というところでした。

小学生の私が初めて知ったツボは

「肩こりに効く」

という、手のツボでした。

当時クラス1成績が良く、スポーツも何でもござれのY君が、どこで聞いてきたのか
「ここが固い人は肩がこってるんだぜ。」
と教えてくれたのです。

合谷

「合谷(ごうこく)」

というツボでした。

「合谷」は、人差し指から腕、肩から首を通って顔面に通じている

「手の陽明大腸経」

という経絡(東洋医学で気などが流れるとされる経路)のツボなので
肩こりの時に反応が出る、という事は大いにありえます。

さすがはY君。
(今はどこで何をしているんだろう。私はツボの専門家になったよ)
「合谷」は臨床でよく使われる有名なツボなのです。


身近な「ツボ」

思い出してみれば、将来鍼灸師になるとはつゆほども考えてなかった
小学生の私にも、「ツボ」は意外と身近に存在していたのでした。

「合谷」というツボの名前こそ知りませんでしたが、
「肩こりにはここだ」
ということはしっかり頭に刻み込まれていたのです。

そんなことを書いていたら、小学校時代に多用していた(?)ツボをいくつか思い出してきました。

次回はそれらのツボについて。




関連記事
スポンサーサイト