FC2ブログ
財布も軽い鍼灸学生時代、「三十路会」という同年代の仲間と藤沢で一杯やる前に
「ちょいと社会貢献してから飲もう!」という提案が出ました。

向かった先は「献血ルーム」です。
確かに献血なら立派な社会貢献です。お金もかかりません。

みな口々に「採れるだけとっちゃってください、僕はどうなってもかまいませんから」などと勝手なことを言いながら採血用のシートに横たわります。

私たちみたいなおバカも来るのでしょう、ベテランと思しき看護師さんは
「どうかなってもらっちゃこっちが困るのようねぇ」と言いながら手際よく針を静脈に突きたてていきます。
シートでくつろぐこと十数分、全血献血で400ml採っていただき終了。

心も体も何とはなしに軽くなった気分で飲み屋に向かいます。

とその時一人が言いました。
「血採って、すぐ飲むのってまずいんじゃない?」

たしかに。

他の一人が言います。
「献血直後の飲酒はご遠慮下さい、と献血ルームの注意書きに書いてあったかも」

「直後って、何分くらいだ?」

「わからんが・・・」

という話してる間に目をつけておいた安く飲めそうな店に到着です。
なんやかんやで、献血してから小一時間はたっていたでしょうか。
もう「直後」ではないと合議で決定したので、店に突入です。
献血したせいか、やけにのどが渇きます。
とりあえず、のビールで早速乾杯!!

「うまい、美味すぎる~」
尋常じゃないおいしさです。運動や仕事で汗をたっぷり流した後に近い感覚ですが、それを上回る何かを感じました。

異変は一杯目の生ビール中ジョッキをあけるころにやってきました。

やけに酔いがまわるのです。よく酒を飲んだ時に
「五臓六腑にしみわたる」
といいますが、五臓六腑どころか
「手足の指の先までしみわたる」感じです。

他のメンバーも同じようなので、もう一杯だけ飲んで切り上げる事にしました。
最後の一杯は気になっていた「フジサワー」というのを注文しました。
どんなものが出てくるかと楽しみにしていたら、とてもきれいな藤色をしたカクテル(?)でした。
飲んでみると、ちょっと甘めですが口当たりが良くてなかなか結構な味です。

この「フジサワー」を空けるころにはもう皆べろんべろんでした。
たった2杯しか飲んでないのに、です。

「やっぱり社会貢献した後は酒が美味い~!」「献血恐るべし!」と勝手な事をいいながら
その日は珍しく二次会にも行かず(行けず?)、足取りも怪しく帰路についたのでした。

ふじ2

あとにも先にもたった2杯の酒であんなに酔ったことはありません。
若気(?)の至りとはいえ、考えればとても危険な行為だったと思います。
どうか皆様はくれぐれも真似などしないでください。

ちなみに「三十路会」のメンバーは卒業後各地に散り、みな現場で活躍中です。
いつかまた懐かしいメンツで鍼灸について語り合いながら、「フジサワー」で乾杯したいものです。
あの店はまだ藤沢にあるのでしょうか・・・。




関連記事
スポンサーサイト