前回はお灸療法で使う「もぐさ」の種類を簡単に紹介しましたので、今回はその使い方を書いていこうと思います。

まずは「有痕灸」。

これはもぐさを直接皮膚の上に置いて点火し、温熱刺激を加え火傷させる事によって生じる生体の反応を利用するものです。「透熱灸(とうねつきゅう)」と「焦灼灸(しょうしゃくきゅう)」、「打膿灸(だのうきゅう)」というものがあります。

「透熱灸」がひろく行われている(いた?)いわゆるお灸、
「焦灼灸」はイボや魚の目などを取るために使う方法で、
「打膿灸」は皮膚に大き目のお灸をすえて火傷を作り、その上に膏薬を貼って化膿させ、長期にわたって膿を出し続けるという方法です。「打膿灸」専門の治療院もあるようです。

治療室そらでは、この中では「透熱灸」を使うことが多いです。
「打膿灸」は今のところ残念ながら自分で施術したことも受けたこともありません。

「透熱灸」には、香り良し・手触り良し・熱感も良し、の上質なもぐさを使用します。
透熱灸用もぐさ

このもぐさを親指と人差し指で円錐状にひねります。大きさや硬さはその時々で使い分けますが、だいたい下の画像くらいの大きさで柔らかくひねったものを多用します(もぐさは柔らかくひねった物のほうが燃焼温度が低く、比較的柔らかい熱さになります)。
艾の身長
(円錐状のもぐさの左側は米粒です)

このもぐさに線香で点火します。
点火!2

陰陽穴2
これは以前紹介した画像です。風邪のひきかけで、つばを飲み込むとのどが痛い時によく効くツボです。

ところで
「お灸って熱くないのですか?」
とよく聞かれることがありますが・・・、

有痕灸に関して言えば、熱いです、正直言いまして。
火傷させるわけですから・・・。

が、熱さを緩和させる素晴らしい方法がちゃんとあるのです。
次回はその方法を紹介します。



湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
関連記事
スポンサーサイト