FC2ブログ
今日の湘南台は、時折横殴りの雨が激しく吹きつける一日でした。

前回のブログで書いたipodnanoの無償交換プログラムですが、apple社がシステムトラブルか何かで混乱しているらしく、ネット上で指定した引取り日に宅配便業者が来ませんでした。
あらためてサービスセンターに電話し、本日正午過ぎにnanoは引き取られていきました。

今まであまり意識していなかったのですが、治療室に音が流れていないとちょっとさみしい感じがします。ipodを載せていたドッグはipodの再生以外は出来ない物なので、むこう6週間使えません。
狭いスペースに置けるものは・・・、と納戸を捜索です。たしかあれがあったはず・・・。

おおっと、ありました。
昭和の香りあふれる「ラジカセ」です。(←若い人は何のことやらわからないかもしれませんね)
                  ラジカセ

これを買ったのは中学1年生くらいの時ですから、昭和59年頃でしょうか。

当時憧れだったSONY製です。SONY製品は性能の高さもさることながら、値段も高くて中学生にはちょっと手が届きにくかったのですが、頑張ってためた貯金で買った一品です。

こんな時に役に立つとは思いませんでした。大事にとっておいて良かった。

                  all weather!
「ALL WEATHER」
このラジカセ、なんと防水仕様です。当時若人は夏のビーチでカセットテープを聞いたりしのですね~。

                  選局は…
このカセットテープを操作するボタンや、手動でラジオ局を選局するための目盛り(?)が泣かせます。
地デジになるまではFMラジオで一部のTV放送を聞くことが出来たのですよ。
ああ、懐かしい・・・。

納戸で随分長いことホコリをかぶっていたので、念入りに拭き清めてから電源を入れてみました。

お~、ラジオの音はよく聞こえます。まったく問題ありません。思った以上にいい音です。昭和の製品はしっかり作られてるものです。

ついでにカセットテープも聞いてみたくなりましたが、これまた探してみないとすぐには手元にありません。
また明日のお楽しみです。

ipodnanoも患者さんに「レトロですね」と言われましたが、この昭和のラジカセにくらべればカワイイもんです。

しばしのあいだ治療室そらは、レトロなラジカセでラジオを流していこうと思います。



藤沢市湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
関連記事
スポンサーサイト