FC2ブログ
2005年から使い続けた「ipodnano」もついに故障です。
電源が切れなくなってしまいました。
nano


「よし、完全に壊れるまでこいつを使おう。そして壊れた暁には、分解して中を見てやろう」

と決めたのですが、そこに一通のメールが・・・。

メールの送信元は「apple」、
件名は「iPod nano(1st generation)交換プログラム」

これはいったい・・・。

バカな私は、
「ああ、こんなに長く大事に第一世代を使ったので、apple社もきっとうれしいんだ。それでもって、感謝を込めて最新型に交換してくれるんだ!」と勝手に思いました。そして天国のジョブズ氏に感謝の祈りを捧げました。

そのメールを読んでみると、なにやらバッテリーに問題があり、ごくまれに加熱事故が発生する可能性があるらしく、無料交換を勧めているとの事でした。

思いはかなわず、どうやら「最新の第1世代」に変えていただけるようです。

ああ、第1世代から一気にジェネレーションギャップを飛び越えて、第6世代に移行出来ると思ったのに・・・。(←そんなことはあるわけないのでした)

それでもよく考えてみれば、無償で新しい製品に交換してもらえるとは、ありがたい話ではないですか。
それに「第1世代」とはいえ、当時のapple社、そしてスティーブ・ジョブズ氏が渾身の力で製作したものに違いはないはずです。うん、これも大事に長く使うことに決めました。

今日まで頑張ってくれたipodnano 第1世代は、今夜の便で発送です。さよ~なら~。

それにしても治療室そらは、いつまで第1世代を使い続けることになるのでしょうか・・・。




関連記事