FC2ブログ
DIY
 今日は小雨の降る中、自転車で行きつけの床屋さんに行き、頭を刈ってもらいすっきりしました。帰り道は頭が涼しい。。。

 そろそろ危ないな、と思っていた古い腕時計(G-shock)の液晶画面がついに消えました。それでは電池交換に出すか、と調べてみるとG-shockは20気圧防水とやらになっている関係で、確実に処理するためにはメーカーに送る必要があるようです。電池を交換するだけでなく、劣化したOリングを交換したりするのでしょう。

 その費用は安いG-shockが新品で買える額に近い!もったいない精神の私としては、ちょっと考えてしまいます。

 では、ということで防水の保証はなくなりますが、自分で交換してしまうことにしました。

 何個かあるうちの1つ。サーフィンなどで酷使したので、かなりくたびれています。
 裏ぶたをあけるとこんな感じです。
G-shock 電池交換

G-shock 電池
 電池は100円ショップで購入しました。

 所要時間は10分ぐらいです。

 安価に済んだということより、メカいじりの好きな私はこの作業自体がすっかり気に入ってしまいました。機械の中を見る、という行為にはなぜか子供の頃からワクワクしてしまうのです。

 まだ何個か電池の切れた腕時計があるので、しばし楽しめそうです。

 作業に使った道具のいくつかは祖父の遺品です。

 祖父は一時期北海道で時計店を営んでいたそうです。機械いじり好きは祖父ゆずりなのでしょう。


藤沢市湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
関連記事
スポンサーサイト