「重要なお知らせ」
昨年の晩秋のことです。一通の封筒が送られてきました。
宛名面には見慣れない「重要なお知らせ」の文字。

ホンダからの手紙

私には心当たりがありません。
ちょっと嫌な予感がします。

開封してみると、

「ご愛用者のリコール実施に関するお詫びとお知らせ」


なるものが入っていました。

ニュースでは時々見聞きしますが、自分の車が該当するとは思いもしませんでした。
ちょうど車検の時期が近付いていたので、ディーラーの担当さんに電話で確認してみました。

すると、まずは車を預かって点検作業をして、必要がある場合はCVTミッションを交換します、
ということでした。しばらくそのまま乗っていても、すぐに何かあるわけではないです、
とのことだったので、車検のついでに点検作業をしてもらうことにしました。


CVTミッション交換なるか
12月半ばに車検が終わり、ディーラーに車を引き取りに行きました。
40歳を過ぎてから何かと楽観的になってきた私は、今回も大丈夫だろうという根拠のない自信を
抱いていました。
リコール通知2
診断の結果は、

大当たりです!
CVTミッション乗せ換えです!

人の良い(?)私は、「ああ、また車をここまで届けに来たりしなければいけないのか…」
と思いました。が、今回はリコールなので担当さんが自宅まで引き取りに来てくれて、
代車も用意してくれるとのことでした。一安心です。


歳を重ねると
年明け早々に担当さんが代車に乗って車を引き取りに来ました。
車検で車を預かってまたすぐにリコールということで平身低頭していましたが、
私はこんな風に考えていました。

「最初の車検と同時にミッションを新品に交換か。長く乗ろうと思っていたので、
これはラッキーかもしれないぞ」

まあ何と言いますか、物は考えようです。
起きてしまったことは仕方がありません。それならば気楽な方に考えようと。
20代の頃だったらきっとこのようには考えられなかったと思います。

年齢を重ねるということは、悪いことばかりではないなと感じました。

ミッションを新品に交換した我が家の軽は、今日も絶好調でした。
これからこの車と何年一緒に歳を重ねていけるか楽しみです。
スポンサーサイト
2016.01.01 新年のご挨拶
恭賀新年

今年も活法(古武術整体)・整動鍼(従来にはなかった新しい理論に基づく鍼)を
積極的に臨床に取り入れ、治療成績の改善に努めてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。

2016.1.1辻堂から富士山を望む
(2016年元旦 辻堂より富士山を望む)

1/4(月)より通常営業となります。

皆様にとって2016年が楽しい1年になりますように。





ドライバーをいただきました
先日患者さんからゴルフクラブを1本いただきました。
ドライバー 1

手に取ってみると、見た目からは想像できない軽さで驚きました。
私はゴルフをしないので、知識がないのですがどうやらシャフトはカーボンのようです。

これはもしかすると・・・、

「なかなかの高級品では」

と思い、本当にもらっていいのか患者さんに尋ねると

「おお、いいよ。あげるからここに置いといてよ」
とのことです。いいのかなぁ。

実はこういう展開になる前にこんなやり取りがありました。

クラブを握って動作を確認
この患者さんはゴルフで手首を傷め、当治療室に来院しました。
来院時は手がグローブのようにパンパンに腫れ、痛みで夜眠ることもままならない状態でした。

ゴルフで傷めたにしては症状がひどいので、病院で診察を受けたか確認すると、
レントゲンや血液検査など一通りの検査はしており、特に診断名はつかなかったとのこと。

施術を重ねること数回、徐々に痛みも腫れも引いてきました。
状態を確認しようと日常生活での痛みの有無などを尋ねていると、
「クラブを握って確かめてみたい」
と言われました。

ところが私のところにはゴルフクラブはありません。釣竿など形状や重さの近いものを
いくつか試して頂きましたが、どうもしっくりこない様子でこの日はお帰りになりました。


折れない心
その次に来院されたときに
「このクラブあげるよ」
という前述の展開となります。

治療後の変化をすぐゴルフクラブを握って確認したい。でもここにはクラブがない。
では持参しよう、ということだったようです。

とはいえ、まさかいただけるとは…。

クラブのことはよく分かりませんが、せっかくいただいたものです。
患者さんがお帰りになってから、しげしげと観察してみます。

ん?

なんかグリップが少し曲がっているような気が…。
ドライバー 3

折れてる?
ドライバー 2

なるほど、そういうことでしたか。
高級品をいただいてしまったようで落ち着かなかったのですが、
グリップが折れているのを見て一安心です。

この患者さんは大好きなゴルフを一日も早く再開するために、
2か月間頑張って通院してくださいました。
途中経過が芳しくない時期もあり、私も心が折れそうになったことも
ありましたが、今は以前と変わらずゴルフを楽しんでいるとのことです。

また困難に直面した時は、いただいたこのクラブを見てもうひと踏ん張りしたいと思います。







地元湘南を中心に活動するシンガーソングライター、
てつろうさんの
「てつろうWINTERCONCERT2015」
のポスターを治療室入り口に貼らせていただきました。

ウインターコンサート2015 1


私にとって、冬の恒例行事となっているこのコンサートですが、
今年も湘南台文化センター 市民シアターで11/27(金)に開催されることになりました。

今年もてつろうさんの素敵な歌声を聴きながら、ゆっくりこの一年を振り返りたいと思います。

ウインターコンサート2015 2

コンサートについて、詳しくはこちらをどうぞ→「てつろうウィンターコンサート2015」

2015.07.04 花のある生活
花を植えてみたら
サッカー女子W杯、日本代表なでしこジャパンは2大会連続で決勝進出を決めました。
前回のブログで書いたように二連覇出来るよう応援しています。

先月植えたなでしこやマリーゴールドを毎日眺めていたら、
なぜか心安らかになっている自分に気づきました。
植物には人の心を落ち着かせる何かがあるのかもしれません。

花を増やそう
もう少し花を増やしてみよう、と思い今度は治療室入り口横にアサガオの鉢を置いてみました。
以前からやってみたいなと思いつつも、なかなか手が出なかった「緑のカーテン」仕様です。

緑のカーテン2015-2

緑のカーテン2015-1

窓だけでなく、あわよくばエアコンの室外機を直射日光から隠そうという考えです。
が、アサガオのつるが、真夏の室外機から出る風に耐えられるのか、心配になってきました…。

まだ見ぬアサガオの花

アサガオ2015-1
手前と奥の鉢は家人が小学校からもらってきたアサガオ、
真ん中の鉢は昨年秋に無くなった義母がくれたアサガオです。

義母はなくなる年の夏に、「きれいなアサガオだから植えてみなさい」とよく言っていました。
「うん、わかった。そのうちね。」と言いながら、不精な私たち夫婦は結局その夏にアサガオの種をまくことなく
秋をむかえ、丹沢の山が色づき始める前に義母はこの世を去ってしまいました。

アサガオというのは比較的強い花のようで、あまり構わなくても日々元気に背丈を伸ばしていますが、
これからは不精せずに毎日世話を続けるつもりです。少しだけ親不孝を悔いながら。

アサガオ2015-2


義母が言っていた「きれいなアサガオ」はどんな花を咲かせるのでしょう。