FC2ブログ
スーパーでは見かけないのです。

先日の定休日、同級生の釣り仲間と相模湾某所にイカ釣りに行ってきました。
イカ、といってもスーパーなどでよく見かけるスルメイカや剣先イカではありません。

イカの王様(私が勝手に言ってるだけですが)、アオリイカです。

アオリイカはどんな料理方法でもとても美味しいのですが、
刺身が特におすすめです。とろりと甘く、歯ごたえもしっかりしていて病み付きになります。

今回同行した友人は、もともとあまりイカが好きではなく、
イカ釣りに行くのを最初はしぶっていました。
それを私が「まあまあ、騙されたと思って刺身で食ってみ」
と連れ出して以来、今ではすっかりイカ大好き男に変身してしまいました。

今日のパターンは?


いつもの場所に到着、釣り開始です。
相模湾に沈みゆく夕日を眺めながら、愛を語らっているであろうカップルが一組。

「ようし、見事イカを釣り上げておぢさん達のイカした姿を見せてやろう!」
とはりきって竿を振ることしばし。

ところで、ほかの釣りでもそうなのですが、うまいことイカを釣るにはいくつかコツのようなもの、
があります。

そのうちの一つがエギ(餌木。イカ用の疑似餌)の色と大きさです。

餌木
↑エギ。上段は「エギザイル」というふるった商品名です(笑)

アオリイカ釣り(エギを使用するので、「エギング」と言われています)では、
ピンクやオレンジが定番のカラーと言われているので、
この日もオレンジのエギで釣り始めました。

日も沈み、カップルにいいところ(?)を見せることも出来ず
ひたすら竿をしゃくり続けることしばし…。

「のっし!」と竿に重さがかかりました。

アオリイカ。

来ました!十分お刺身で楽しめるサイズです。

この一杯目は定番カラーのオレンジできましたが、あとが続きません。

場所を変え、エギを変え、探り方を変え、といろいろ試しつつ、
最終的には4杯のアオリイカと1杯のタコを持ち帰ることができました。


経験を積むこと、試すこと


釣りにおける
「場所を変え、エギを変え、探り方を変え、…」

は鍼灸にも同じことが言えます。

鍼灸治療にも、ある一定のパターンのようなものがあります。
たとえば、「このタイプの腰の痛みには、定番のこの治療方法」というように。

これはある程度経験を積むことで、少しずつ見えてきます。
(私もほんの少し見えるようになってきました)

ところが、一見過去に扱ったことがあるパターンの腰痛でも、
自分の定番の方法がまったく効かないこともままあるのです。

そこから試行錯誤が始まります。
治療終了後に文献をひっくり返して調べたり、同業の先生方に教えを乞うたり
自分や家族をモデルに新しい方法を試してみたり…。

前述の「○○を変え、」には、変えるに値する理由が必要です。
そうでなければ、やみくもに治療方法を変えることになり、
収集がつかなくなってしまうからです。

もがき苦しんだ末、新しい方法にチャレンジして、
患者さんも治療者も満足のいく結果が出たときは
心底から嬉しいものです。
鍼灸師になって良かったなぁ、と思う瞬間でもあります。

そしてこの経験が自分の治療方法に新たに幅と深みを持たせてくれます。

これからも悩み続けながら、想像力をふくらませて挑戦し続けていきたい。
そんなことを考えながら、アオリイカの刺身を美味しくいただきました。


ちなみに、同行した友人はアオリイカのほかに1kgはあろうかという
タコを釣り上げました。
また定休日にアオリイカを仕入れに行ってきます。


湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら








2011.10.23 体内時計
先週の水曜(定休日)に少し早起きして釣りに行ってきました。

狙いは煮てよし、炒めてよし、刺身は言うに及ばずのイカの王様、
アオリイカです。

アオリイカを釣りに行くのは初めてなので、まずはインターネットで情報収集です。
便利な時代になりました。
動画サイトを見れば、いくらでも釣り方が解説されています。

「おお!きたぞ、でっかいぞ~。」
とビールを片手にほとんどサイトの中に入り込むこと数時間・・・。
時計を見るともう数時間しか寝る時間がありません。

寝不足に弱い私はあっさりと翌日の出漁をあきらめ、
せめてイカを釣り上げてる夢でも見ようと床につきました。

数時間後。
「ぱちっ」
と目が覚め時計を見ると、起床しようと思っていた4時ジャストです。
これは釣りの神様が「行ってこい!」と言っているのだ。
出漁だ~!



結果↓
IMG_1605_convert_20111020181531.jpg
刺身、絶品でした。

不思議なことに、私は子供の頃から遊びに行く日に寝坊したことが一度もありません。
ほとんどの場合、目覚ましをセットした時間よりちょっと早く目が覚めてしまいます。
きっと動物が生まれながらに備えている、と言われる体内時計の働きなのでしょう。

私の体内時計が性能を十分に発揮するのは、
楽しいことが起こる前だけのようですが・・・。

これからもこの時計がいい働きをしてくれる時間を沢山持ちたいものです。

湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら
 あまりの寒さに、初めて同性に「抱きついて眠りたい!」と思ってしまった年越しの夜・・・。
 どうにか抱きつかずに朝を迎え、富士山のふもとで見た初日の出は格別な美しさでした。

 「きれいだな」と友人Y。

 「おお。来年もこようか?」と私。安易に来年の年越しも決定しました。


 しかし、いくら富士山が美しかろうとも、あの寒さだけはなんとかしなければ耐えられません。

 今回の経験から、いくつか気づいたことは、

1、顔は案外寒くない(が、耳は守る必要あり)。
2、寒さは首もと、手首、足首周囲から入ってくる。
3、靴下の重ね履きは、きつくなるとかえって足が冷える。
4、3と同様に、靴もあまりピッタリだと足が冷えやすい。
 
 3は結果的に足を締めつけてしまい、かえって血行を阻害しているからで、4は靴(今回の場合は水中に立ちこむための長靴)と足の間に空間がないと、靴の中が暖まらない、ということのようです。

 これらのことは、日常生活でも基本的には同じだと思いますので、寒さ対策に応用できると思います。
特に2は、たとえば首まわりに薄いスカーフやマフラーなどを巻くことで、効果がありますよ。

 あとは、最近はやりの機能性下着(ヒート○○のたぐい)も効果があるようです。
 もっと暖かいものを、という方には、登山用の防寒下着をおススメします。

極寒用くつした。

 これは「極寒用」と銘打たれていた靴下です。膝上までのタイプですが、これをはけば、もうズボンがいらないくらい暖かです。はいた感じはちょっとゆるいくらいですが、ほっかほかです。

 ももひき?
 
 これも発熱素材の股引きです。「ヒート○○」などの最近の商品とはき比べたのですが、性能が格段に違います。もちろんお値段も段違いですが・・・。


 家の中でも「足が冷えてたまらない」というかたは、ぜひお試しを。登山洋品店にいくと、品揃えも豊富です。

 
 2度目の河口湖畔での年越しは、装備を充実させたことで、わりと快適(?)に過ごせました。

 そして主たる目的のマスは、1年目も2年目も釣れなかったのでした・・・。

 厳寒の河口湖畔で無謀にもテントで年越しに挑んだ私と友人Yでしたが・・・。

 寒さをしのぐために大酒をくらい、ようやく酔ったころに、かたわらに置いてあったペットボトルを何気なくみると、中の水が凍り始めています!

 それも見る見るうちに、氷が増えていくのです。

 「おお~、なかなか神秘的じゃないか」

 と、しばし寒さを忘れて見入ってしまいました。

 
 ふと気づくと、深夜0時をまわっています。新年の挨拶を酔いで呆けた顔でYとかわし、寝ることにしました。

 寝る準備、といっても靴を脱ぐだけです。あとはテントの中にあらかじめ準備した寝袋にもぐりこむだけ。
疲れた体、ほど良い(?)酔い。やがて寝床の中も暖まり、まどろみの中へ落ちていく・・・、はずがちっとも眠れません。まどろむどころか、目が冴えてきます。

 猛烈に寒い、のです。

テントの中とはいえ、外界とは薄い布一枚隔てただけですから、ほとんど外で寝ているようなものです。

 あまっていた使い捨てカイロをすべて使い、寝袋の中に敷きつめて、どうにか浅い眠りにつくことができたのでした。

 
 このときの気温は恐らく-10℃くらいにはなっていたのではないでしょうか?この程度の気温なら、ナイタースキーなどで経験出来そうですが、スキーは体を動かしているので寒さの感じ方が違います。

 これに懲りず、また翌年も河口湖畔で年越し野宿に挑むのですが、そのとき新たにとった寒さ対策は・・・。

(まだ続きます)




  
 (前回の続きです)

 「河口湖恐るるに足らず」と、大晦日の河口湖畔にキャンプをはった私と友人Yでしたが、夜が更けるにつれて猛烈に寒くなってきました。

 「こんなこともあろうかと・・・」とYが車の中からバーベキュー用の木炭とコンロを出してきました。
おお、助かりました。これでだいぶ暖かくなりそうです。

 熾き火(おきび→真っ赤になった炭火)の暖かさは格別です。さらに二人で杯をかさねながら、社会から隔絶された地で男二人の会話ははずみます。しばらくして、ふと気がつきました。

 向かい合って座っている友人Yとの距離が近くなっているような・・・。少し酔った、でしょうか。

 いや、周囲を闇につつまれながら、確実に二人の距離は縮まっています。これは一体・・・?

 
 あまりにも寒いので、二人とも知らず知らずのうちに、炭火をたいているコンロに目一杯接近していたのでした。(翌日はいていたスニーカーのつま先がこげているのに気がつきました)

 こうなったら体の中から暖めるしかありません。酒を呑むのみです、ひたすら。しかし呑めども呑めども酔いがまわってきません。

 寒冷地の民族は酒が強い、といわれるのはこういうことかと納得しました。ほとんど下戸のYまでが、ワインのボトルを1本あけていますが、顔色ひとつ変えていません。

 さらに二人で飲み続けること数時間、ようやく酔いがまわったころ、ちょっとだけ神秘的な光景を見ることに・・・。

(さらに続きます)