整動鍼との出会い
修了証書1
初めて参加した入門セミナーの修了書

整体師に負けないための「鍼灸師のための整体」、『活法』を学ぶことで、今まで効果を出し切れなかったり、苦手だった症状に対応することが出来るようになってきました。少しずつ臨床が楽しくなり、初めに受けた「体験会」で感じた興奮冷めやらむまま、「入門編」「基礎編」と活法のセミナーに参加し続けました。

活法の基礎編3つを学び終えるころ、今度は活法由来の鍼の存在を知ることになります。その名も「古武術鍼法」。現在の「整動鍼」です。これは整動協会の代表である栗原誠先生が、整体術である活法の理論に基づいて考案したこれまでに類を見ない画期的な鍼の技術です。

最初に参加したセミナーで、目の当たりにした治療効果に驚きました。前屈すると痛みが出る腰痛の治療で、使うツボは下腿の後面。しかもツボは一か所だけです。鍼を刺して抜くまで10秒とかかっていませんでしたが、この一本の鍼で前屈の痛みは全く無くなりました。

「なんじゃこりゃー!」

と心の中で私は叫びました。初めて活法を受けた時と同じような衝撃を感じたのです。
やっと自分が探し求めていたものに出会えた。私は活法と同じように整動鍼にのめりこんでいくことになります。

3回目の合宿
活法と整動鍼のセミナーへの参加を重ねていくうちに、多くの同じ志を持つ仲間と出会うことが出来ました。

修了証書4

特に藤沢市内で月1回定期的に開催されている勉強会のメンバーは、お互い遠慮なく話すことが出来て、私に厳しい指摘もしてくれるありがたい存在です。そんなメンバーとこの春に勉強会開催20回を記念して、箱根で一泊二日の合宿をしてきました。昨年と今年の伊東での活法研究会の合宿と合わせると、もう3回も合宿に参加させていただきました。感謝、です。

合宿の夜はふけて
今回の合宿は伊東温泉という、有名な温泉地が会場でした。「活法」の合宿ですが、お楽しみはいろいろです。
活研合宿2017
夜にはこんな席も設けられました。

もちろん温泉もたっぷりと楽しみました。知る人ぞ知る、露天風呂での秘技、「〇〇活法」も新たな戦士が数名加わり、技の精度に磨きがかかりました。この「〇〇活法」は、整動協会代表の栗原先生をして

「裸になっても活法だけは残った」

と言わしめた「温泉合宿で生まれた」活法です。

「興味がある」「入門したい」という方は、こっそり私か「國定鍼灸整体院」の國定先生にご相談ください。
*注:整動協会非公認。活動は温泉地での合宿中に限定されています。

認定ステッカー
初めて活法のセミナーに参加してからもうじき4年になります。時間をかけて活法、そして整動鍼の基礎部分を学び、整動協会から認定ステッカーをいただきました。
認定ステッカー2

認定ステッカー1

どちらも「BASIC」の文字が入っています。ということは、まだこの先に発展形があるということです。どんな技が、どんなツボが待っているのか、非常に楽しみです。

来年の合宿も日程が決まったようです。それまでに頂いた認定ステッカーに恥じないように、これまで教えていただいた事を自家薬籠中の物に出来るよう繰り返し復習し、日々の臨床にいかしていきたいと思います。

(終わり)




スポンサーサイト
2回目の伊東温泉
9月24・25日の2日間、静岡県の伊東温泉で開催された活法研究会の合宿に参加してきました。私は昨年に続いて2回目の参加です。今回も活法を学ぶ仲間が北は北海道や秋田、西は京都からと、各地から集まりました。

活研合宿2017

参加メンバーはセミナーで一度は一緒になっている方たちなので、緊張することもなく、二日間お互い集中して勉強することが出来ました。私が初めて活法研究会の本セミナーに参加して4年がたちます。このような合宿にも参加させてもらえるようになったことには感慨深いものがあります。


鍼灸師が整体にはまるまで
あまり知られていないと思いますが、鍼灸には多くの治療方法があります。流派といってもいいでしょう。実は私も鍼灸学校に入学するまでそのことを知りませんでした。

自分が鍼灸を生業とする以上、いずれかの治療方法を専門的に学び、身につける必要があります。幸いなことに、私は通っていた鍼灸の専門学校で、多くの流派の大家と言われる先生方に接することが出来ました。その中から、自分がこれだ、と思ったものを学びつつ臨床に取り入れていきました。

開業当時、気になっていたことがあります。「肩こり」や「腰痛」で悩んでいる友人や知り合いと話した時に、どんな対策をとっているか聞くと、「整形外科」や「整体」に行くと答える人が多いのです。整形外科を含む病院を除くと、「整体」が圧倒的多数派で、「鍼灸」と答える人はごく僅かでした。

鍼灸を選択しない理由は、「痛そう」「怖い」がほとんどでしたが、私はそれだけではないような気がしました。そして国家試験を受けて免許を取得している鍼灸師よりも、「整体」「整体師」の方が世間に認知されてるとも感じたのです。

これは、マズい。何とかしなければ。
鍼灸が効かないわけではありません。しかし、日々の臨床で自分の力不足を感じていた私は、どうすれば「整体」に負けないようになるのか悩みました。

そんな時に偶然活法と出会います。活法との出会いはこちら

当時のキャッチフレーズは「鍼灸師のための整体」

「これを学べば整体師に負けない鍼灸師になれるかもしれない!」
そう考えた私は活法にずっぽりとはまっていきます。

しかし、活法はこれだけでは終わりませんでした。活法から発想を得た鍼、整動鍼が登場するのです。鍼だけでは足りないと感じる部分を補うために、活法を勉強していたところに、「活法由来の鍼」。これを学ばない理由はありません。

(続く)



月一回の開催で10回を越えました
今週の日曜日、同業のお仲間の治療院を会場にした勉強会に参加してきました。
この会は昨年の4月に始まり、ほぼ月一回のペースで続けています。
私が所属している藤沢市鍼灸師会の先生と「活法研究会」で偶然一緒になったことがきっかけとなり、
同じ神奈川県内の先生のみならず、埼玉県や静岡県の先生方まで参加して下さるようになりました。

活法(古武術整体)についてはこちらをどうぞ→「活法研究会」


技術を習得するためには
勉強会(仲間内では復習会と言っています)では活法研究会で学んできた技術の復習を行います。
主に「活法」(古武術整体)と「整動鍼」(古武術整体から考案された鍼の技術)の実技をひたすら反復するのです。

開始は午前11時、終了が6時半から7時くらいになり、終わったときにはへとへとになっていることも
珍しくありません。皆さん真剣です。

01375f36a8d5e1912846787597e9a89f6ad82ff0fc.jpg
お互いの疑問と意見をぶつけ合います。

013b4d76c56cf2273e3c3103890ba1fc253ea3fe6f.jpg
ツボはミリ単位で正確な位置を探ります。

鍼灸や活法に限らず、技術を身に付けるには的確な指導と反復練習が必要です。
前者は「活法研究会」に参加することで得られますが、後者は私のような「一人鍼灸院」では
困難です。家族にモデルになってもらうことで練習は可能ですが、それが正確に出来ているかは
判断できません。

そんな悩みを抱えていた私には、この勉強会は格好の場となりました。

真剣だからこそ
勉強会も10回を数え、参加メンバーの親睦も深まってきました。
気心が知れてくると、気が緩みだらけた雰囲気になることもあるのでは…。
というのは杞憂でした。

活法は非常に技の数が多く(全部マスターしようと思ったら500手以上!)、
毎回新しい技術の練習をしなければ教わったものが身に付きません。のんびりしている暇がありません。

また、親しくなるにつれて、良い意味で遠慮がなくなり、厳しい意見がバンバン飛んでくるようになりました。
参加者みんなが真剣に技術を身に付けたい、と強く思っているからこそだと思っています。
ありがたい環境です。

活法復習会1
まじめにツボの反応を診ています。

ここで習得した技術が、徐々に臨床で効果を上げ始めています。
さらなる高みを目指し、甘くない勉強会は続いていきます。