FC2ブログ
(前々回の続きです)→父が見たマドリードダービー

マドリードのスポーツショップにて

スペインに出張した父は、私に言われた通りマドリードのスポーツショップでこう言いました。

「スペインで一番強いチームのユニフォームがほしいのですが」

すると近くで父と店員の話を聞いていた他の客(もちろんスペイン人)が、
「それならこれだ!」と、白いユニフォームを指さしました。

「いや、違う!一番強いのはこっちだ!」
それを見ていた別の客が言い、口論が始まりました。

さらに口論を聞きつけたスペイン人たちが続々と集まってきます。
店の中は「これがスペイン一強いチームだ!」「そうではない。本当に強いのはこっちだ!」
と二手に分かれての大騒ぎになりました。

あっけにとられる父の前で論争は延々30分以上も続き、
あわや集団乱闘!かと思われましたが、ついに一方の集団が押しきり
決着がつきました。

激論の原因

これは21年も前の話なのですが、気になったので激論の原因を調べてみました。
レアルもアトレチコもスペインの三大クラブ(もう一つはバルセロナ)の一つで、
ヨーロッパでも屈指の名門クラブです。

レアルは国内リーグ制覇32回、UEFAチャンピオンズリーグ制覇10回、
対するアトレチコも国内制覇10回、UEFAチャンピオンズリーグは2度決勝まで進出しています。

1995年当時の戦績を調べてみると…

【スペイン国内リーグ】
1994-1995 優勝:レアル・マドリード  14位:アトレチコ・マドリード
1995-1996 優勝:アトレチコ・マドリード 6位:レアル・マドリード
1996-1997 優勝:レアル・マドリード  5位:アトレチコ・マドリード

となっていました。

おそらく父がマドーリードを訪れた時、1995-1996シーズンの真っ最中だったのでしょう。
しかもアトレチコが首位で、優勝が近づいてきた時期だったのではないかと思います。

そんな時期にスポーツショップにひょっこり現れた日本人が

「スペインで一番強いチームのユニフォームがほしいのですが」

などど言ったので、両チームのサポーターは黙っていられなかったのでしょう。
強豪と言われるクラブはこういった熱狂的なサポーターに支えられているのだな、
とあらためて思いました。

マドリードダービーの結末

今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ決勝でもぶつかったレアルとアトレチコ。
結果はご存じのとおり4-1でレアルが優勝しました。敗れはしましたが、レアルに比べると
少ないタレントで決勝まで勝ち上がってきたアトレチコの闘いも見事なものでした。

21年前、私の父が見たマドリードダービーの勝者はというと…

レアル・マドリ- ユニフォーム②
レアル・マドリードでした。

レアル・マドリ- ユニフォーム④

レアル・マドリ- ユニフォーム③
1994-1998シーズンのレアルは「KELME」(ケレメ)というスペインのブランドを着ていました。
ちょっと珍しい「made in spein spain」です。

レアルマドーリードの背番号10をつけるとは…

激論の末アトレチコサポーターを打ち破ったレアルサポーターは
興奮そのままに父を囲みました。

「俺たちがナンバーワンだ!」

「スペイン王者は俺たちだ!」



「全部買え!!!」   

???

実は私はユニフォームのシャツだけを頼んだのですが、
興奮したサポーター達に押しきられた父は

・ユニフォーム上下
・ストッキング(写真には写っていませんが)
・ウインドブレーカー上下

をお買い上げです。
レアル・マドリ- ウインドブレーカー②


さらに…

レアルサポ:「誰のお土産なんだ?」

父:「息子だ」

レアルサポ:「お前のせがれはサッカー選手か?」

父:「そうだ」

レアルサポ:「では、背番号と名前も入れなければならない」

父:「…」

という事で(?)
レアル・マドリ- ユニフォーム①

まさか自分が名門レアル・マドリードの背番号10を着れるとは思いませんでした(笑)。

グランドの外でもこんな事件がおこることに、スペインサッカーの歴史を感じます。
やっぱりサッカーはいいですね。

さあ、今週末からいよいよワールドカップです。
記憶に残る素晴らしい試合がたくさん繰り広げられることを期待しています!

(終わり)











UEFAチャンピオンズリーグ決勝

日本時間の5/25(日)早朝、ヨーロッパのサッカークラブチームNo.1を決めるUEFAチャンピオンズリーグ決勝が行われました。私も3:35AMになんとか起きて、テレビで観戦しました。

対戦カードはレアル・マドリード対アトレチコ・マドリード。
同じスペインでかつ同じ都市にある二つのクラブが激突することになりました。
延長戦までもつれ込む激しい闘いでしたが、最後はアトレチコ・マドリードが力尽き、
4-1でレアル・マドリードが優勝しました。

元サッカー小僧の私にとって、世界のトッププレーヤーが出場する試合を見るのは至福の時間です。
一度はチャンピオンズリーグやEURO、ワールドカップなどの決勝を生で観戦してみたいものですね。


スペイン土産は一番強いチームのユニフォーム

同じホームタウンのチーム同士の対戦はどこの国でも盛り上がるのですが、
スペインでもレアルとアトレチコの対戦は「マドリードダービー」と呼ばれ
サポーターが熱くなる一戦のようです。

1995年ころだったでしょうか。私の父が仕事でマドリードに出張することになりました。
そのころ各国のサッカーチームのユニフォームを集めていた私は父に
「マドリードに行くならレアルのユニフォーム買ってきてよ」とお願いしました。

そう頼んだものの、父はほとんどサッカーに関心がないので、間違って違うチームのユニフォームや
はたまた違うスポーツのユニフォームを買ってきかねません。父も自信がないようだったので、

「チーム名を忘れた時は、スペインで一番強いサッカーチーム、と言えばわかるよ」

と伝えておきました。

この一言が父を思わぬ事態に巻き込むことになったのです。

(つづく)





明日1/26(日)は
2014藤沢市民マラソン
の開催日です。

↓詳しくはこちら
2014藤沢市民マラソン
江ノ島


私も当日は会場へ行き、
藤沢市鍼灸・マッサージ師会が開設する
「無料マッサージルーム」でボランティアとして
出場する選手の皆様のケアをさせていただきます!

選手の皆さま、どうぞケガの無いように湘南の海風と景色を楽しんでください。

2013.07.16 衣替えです。
毎日とんでもない暑さですが、今朝は久しぶりにちょっと涼しくてホッとしました。

あまりにも暑い日が続くので、治療室そらも夏服に衣替えです。

夏服2013

普段はケーシー型という白衣を着ているのですが、ケーシー型は首元にあまり風が入らず
暑いので、夏場はちょっとどうしたものかと考えていました。

何かいいものはないかな、といろいろ検討して今年はこの「スクラブ」タイプを着ることにしました。
胸元が開いているとかなり楽ですね。夏はしばらくこれでいきます。

ついでにバイク往診用のてぶくろも夏用に変更です。
これもいいです!以前から愛用している超メジャーな製品よりも涼しいです。

(超メジャーな手袋について興味のある方はこちら→てぶくろを買いに)

夏用グローブ

往診用バイクは原付2種で、街中をちょこちょこ走るだけなので
グローブはちょっと大げさでは、と思われるかもしれません。

が、数年前の雨の降る冬の夜に車と接触し、転倒した経験から
せめて大切な商売道具である「手」はきちんと守ろうと思っています。
(事故当時は真冬だったのでダウンジャケットの上にレインウエアを着用し
さらに冬用の厚手の手袋をしていたので、幸いなこと?に全身打撲だけですみました)

「手」だけですまないような事故…、については考えないようにしておきます。


衣替えで心機一転、暑さを楽しみながらこの夏もがんばります!




北海道のジャガイモ
一昨日北海道から小包が一つ届きました。

越冬ジャガイモ2013
このジャガイモ、ただのおジャガではなく
「越冬ジャガイモ」
といいまして、一冬を北海道は富良野の大地に埋もれて過ごしたものです。

キタアカリという品種だそうですが、何せ美味い!
ねっとりした食感もいいし、とても甘いです。
ジャガイモってこんなに味があるんだ、と感動しました。

二十年ぶりの再会
2013年が明けて間もなく、一通のメッセージが届きました。

「久しぶりに神奈川に帰るから、一緒に食事でもしよう」

メッセージをくれたのは高校のサッカー部で一緒だった同級生です。
会うのは高校卒業以来ですから、二十数年ぶりになります。

二月後半、すっかり北海道なまりになった友人と再会を果たし、
初めて酒を酌み交わしました。多感な時期に長期合宿などで
濃密な時間を過ごしたせいでしょうか。会って5分もたたないうちに
高校時代と同じ感覚でバカ話が出来るようになるのは不思議です。

実は『越冬ジャガイモ』は、この友人が作っているのです。


鍼灸師と農家
この友人も私も大学を卒業後、しばらくのあいだサラリーマンでした。
彼は退社後、数年間の農業研修を経て富良野に入植(!)、
私は鍼灸の専門学校を経て治療院を開業しました。

80年代後半、湘南の海岸にほど近いグランドでともにボールを追っていたころには
お互い今の仕事に就くとは想像もしていませんでした。
人生とは面白くも不思議なものです。

高校時代彼や同じサッカー部の仲間とは、ここに書けないような
「バッカじゃないの?」と言われそうなことばかりしていましたが、
久しぶりに会った彼からは誠実に農業に取り組む姿勢がはっきりと伝わってきました。

彼の作った野菜を食べるとその思いはより強くなります。

「ああ、やっぱりうまい!」と。


鍼灸師と農家、職種は違いますがどちらも努力次第で

人に喜んでもらって、それを見てうれしい

と感じることができる仕事です。

私も彼と彼の作る野菜に負けないよう、いい仕事をしていきたいと思います。



「ジャガイモは甘いほうがうまいけど、仕事と自分には甘くしてばかりじゃいかん!」


農楽舎さんの箱

越冬ジャガイモについて詳しくはこちら↓
北海道の農家 農楽舎(のらや)の農楽だより