FC2ブログ
風邪の引き始めの症状はどこに来る?
ぼちぼちと寒さが厳しくなってきました。油断していたわけではないのですが、先週の日曜日に寒風に吹かれながら自転車に乗った後から

「あれ?風邪引いたかな?」

という兆候がありました。私の風邪引きパターンの多くはのどの痛みから始まります。この時も最初にのどに違和感を感じ、それが徐々に嚥下痛(つばを飲むと痛い)へと変わってきました。このタイミングなら、お灸の出番です。

症状のあるところにはお灸をすえません
風邪の引き始めでのどが痛い。では、お灸をのどや首に据えるかというと、そうではありません。私がのどからくる風邪の時に賞用するツボは足にあります。

陰陽穴の灸・6 
のどからくる風邪の灸を据えた跡

このツボに半米粒大で7壮(そう。灸は1壮、2壮と数えます)据えます。過去の私の経験では早ければ30分くらいで、時間がかかる時は半日ほどでのどの痛みが大幅に減りました。今回は時間がかかりましたが、半日ほどで嚥下痛がなくなりました(違和感は完全には消えませんでした)。

お灸(もぐさ)の大きさはこれくらい。
陰陽穴の灸・5 

線香で火をつけます。
陰陽穴の灸・3 

一瞬チクッと熱くなります。
陰陽穴の灸・1 

灸をすえた後、2日ほどはのどに違和感が残っていましたが、症状が悪化することはなくこの冬最初の風邪を引くという事態には至らず、ほっとしました。

このツボの名は…
私がこのツボを風邪の予防に使うようになったのは、昭和の名灸師とうたわれた故深谷伊三郎先生の著書「お灸で病気を治した話・灸堂臨床余禄」を読んでからです。この本は灸治療の実践書としてはもちろんのこと、深谷先生の歯に衣着せぬ文章も面白く、読み物としても楽しめます。

その「お灸で病気を治した話・灸堂臨床余禄」に何回か風邪やのどの痛みの治療穴としてこの足のツボが出てくるのですが、位置は

「足の大趾の裏側付根横紋頭」

となっています。上の画像の位置です。
さらに深谷先生の著書である「お灸療法の実際」を調べてみると、「足のうら側、大指の付根の横紋の頭」とあり、やはり上の画像の位置でした。私はこのツボの名前を「陰陽」と記憶していたのですが…。

著作を読み返していて気がついたのですが、深谷先生は「陰陽」というツボの名前は使用していません。では、「陰陽」というツボの出どころはどこなのでしょう。

「陰陽」というツボは、奇穴(きけつ)と言われるツボの一つで、ざっくりいうとツボが並んでいる正規のラインから独立しているツボで、独自の効能を持つものです。

手持ちの本で調べてみました。
「針灸奇穴辞典」「奇穴図譜」の2冊に記載がありました。位置は「足の大趾の裏側付根横紋頭」ではなく、「足の第1指の内側で、足の母指指節間関節の横紋端」(「針灸奇穴辞典」)、「足の第1指背側にある。指を裏に向かって屈したときの横紋両側白肉の際のところ、2点」(「奇穴図譜」)となっていました。効能も下痢や帯下などで、風邪にはあまり関係がなさそうです。

こちらが「陰陽」。位置が違います。
陰陽穴

実はこの画像は2011年に私が書いたブログのから持ってきました→のどの痛みは足で取れるの?

なぜ2011年の私は「のどの痛みに陰陽穴」と思い込んでいたのでしょう。疑問はすぐ解けました。当時深谷灸に興味を持っていた私は、関連する書籍を集めていました。その中でよく読んでいたのが、「図説 深谷灸法」です。深谷先生の高弟だった故入江靖二先生編著なのですが、こちらに咽頭腫痛のツボとして「陰陽」が記載されていました。

これを私は「足の大趾の裏側付根横紋頭」ツボと混同してしまっていたのです。当時のブログを読むと「のどの痛みがとれた」と言ってますが、お灸の数が15壮プラス2壮とかなり多くなっています。多くすえて無理やり熱を浸透させて効かせていたのかもしれませんが…。

のどからくる風邪の初期症状には

「足の大趾の裏側付根横紋頭」!
(ツボの名前が長いな…)

これからは迷うことなくこのツボを使っていきたいと思います。




スポンサーサイト
久しぶりの上京(?)で解けた疑問
11/19(日)・11/20(月)の二日間、東京で鍼灸のセミナーを受けてきました。このブログでも何度も書いている「整動鍼」の「応用☆五体躍動編」です。毎回のことながら、内容は日々の臨床に即役立つものや、現場でなかなか解決することが出来なくて悩んでいた疑問を解決してくれるものばかり。あまりの内容の濃さに、私の頭は若干オーバーヒート気味です。

中でも特に印象深かったのが、「陽池」というツボの解説でした。左の「陽池」は明治から昭和初期にかけて活動し、名人とうたわれた沢田健先生が灸治療で多用したツボです。以前沢田流の本を読んだ時に、なぜ陽池なのだろうとしっくりこないものを感じていたのですが、セミナーでの栗原先生(整動協会代表)の解説に深く頷いてしまいました。その内容をここに書くことはできませんが、ツボというものの奥深さを改めて教えられた気分になりました。

このツボをこんな時に使うのか…!このツボとあのツボが関係しているとは…!そんな驚きに満ちた二日間でした。

イクラが食べたい
東京での2日間のセミナーを終えて帰宅した後は、過熱気味の頭を冷ますべく、少々ビールなどを頂くのが恒例となっています。最寄りの駅に着き、ビールとおつまみを買おうとスーパーをのぞいてみました。鮮魚コーナーにおいしそうなイクラがあったのですが、やっぱりちょっと高い…。今年は鮭が不漁だったようで、その影響でイクラや筋子も値が上がりました。

イクラは食べたい。しかし、高い。もう少し安くおいしいイクラをたくさん食べたい!

実は対策済みです。イクラに加工される前の「生筋子」を買って、自家製イクラの醬油漬けを作っておきました。

作り方は割と簡単なおですが、以前はある作業工程で悩んでいました。筋子をばらす作業です。昨年まではぬるま湯の中につけた筋子を指で一つ一つばらしていたのですが、いかんせん時間がかかる上に、つぶれてしまうものも多く、何とかならないものかと思っていました。

ふと思い立ち、ネットで検索したところ良い方法が見つかりました。
意外なものが役立ちます。

バドミントンのラケットです。百均で買ってきました。
イクラ作り1


これをざるの上にのせて
イクラ作り2


その上に生筋子を。
イクラ作り4


生筋子をガットに軽く押し付けながらしごいていきます。
イクラ作り3


きれいに卵をばらすことが出来ます。つぶれてしまうものが予想以上に少ないです。
イクラ作り5


あとは作り置きしておいたタレにつけるだけ!美味しそうです。
イクラ作り6


モノは使いよう
バドミントンのラケットは、シャトルを打つための道具。これが一般的な認識だと思います。しかし、常識を飛び越えると意外なところで使えることが分かりました。実際生筋子をバドミントンのラケットでほぐしてみると、手でほぐすよりもはるかに早く、かつイクラにした時の柔らかさも勝っていました(これは温水と冷水の違いが大きいと思います)。しかもちょっとネットを検索しただけですぐ得ることが出来る情報です。

鍼灸師として日々施術をしていると、使い慣れている使用頻度が高いツボがいくつか出てきます。「こういう時は、ここにこんな反応が出ている。ということは、このツボが使えそうだ」、と。これはこれで蓄積された経験として大切なことなのですが、一方で一つのツボの使い方を定型化してしまう可能性もあります。私が臨床で使ういくつかのツボも、そうなっているかもしれません。

今回受講してきたセミナーで、自分の頭の中に作られていた「ツボの使い方」を再構築する大きなきっかけを得ることが出来ました。沢田流ではなぜ「陽池」を使っていたのか。鍼なのか、灸なのか。その理由は。

まだまだ勉強が足りないな、と思いながらオーバーヒート気味の頭を冷ましています。
イクラ、美味しかったです。
昭和の子供、復活!
TUCS クライミングスクール-2
この課題、写真で見ると簡単そうに見えますが、ちょっとオーバーハングしてたりして初体験の私にはかなり難しいです。
しかし、先ほどから何本か登っているうちに徐々に子供のころの感覚がよみがえってきました。

「これ、おもしろいぞ!」

そう感じ始めると、恐怖心もほとんどなくなり体の動きもスムーズになってきます。
苦戦しつつもどうにか一発目でゴールまでたどり着くことが出来ました。

「見たか!平成の少年たちよ!昭和の子供魂、ここにあり!」

などと叫ぶと、思いっきり引かれそうなので、平静を装ってスタート地点に戻ります。

素直に感想を述べる子供たちからお褒めの言葉をいただきました。
ちょっと照れますが、うれしいものです。
大人の、そして父親としての面子を何とか守りました(笑)。


新しいルートにどんどんチャレンジ
ボルダリングの後は、お昼の休憩をはさんでトップロープクライミングに挑戦。
大人は最初に練習しましたが、子供たちは本日初挑戦です。

学年が上の先輩たち数人が登った後、息子も壁にとりつきます。
あれ?意外とあっさり…。
TUCS クライミングスクール-1

私のビレイで下降してきます。
この一本のロープで結ばれていると思うと、普段考えもしない「親子の絆」なんていう言葉が頭をよぎったりします。
「ガンバレー!」
TUCS クライミングスクール-8

昭和の子供も負けていられません。
TUCS クライミングスクール-6

大変だけど、楽しい!
TUCS クライミングスクール-8
子供たちもみんな調子が上がってきました。
TUCS クライミングスクール-5
ガンガン登ります。
TUCS クライミングスクール-7

先輩たちの大声援を受けて、さらに困難なルートにもアタックします。
TUCS クライミングスクール-3
が、これはさすがに完登できず…。
(ちなみに大人二人は完登しました)

大人も子供も、今日初めて会ったのにお互い声援を送りあったりして、とても良い雰囲気。
気づけばあっという間に終了時刻になっていました。
こんなに全身を使って楽しい思いをしたのはいつ以来でしょうか。

終わってみると、募集要項に「親子での参加者を優先します」と書いてあった意味がよくわかりました。

「オリンピック競技にもなったクライミングを用いて、挑戦すること諦めない気持ちの大切さや、
協力すること信頼することの大切さを学びます。」


スクールの趣旨もこの一日にすべて詰まっていたと思います。
本当に充実した一日でした。

クライミングとツボ探しは同じだ!?
初めてクライミングをしてみた鍼灸師の私は思いました。
クライミングと鍼灸の臨床は似たところがある、と。

・悪いところにツボがあるとは限らない。
 例えば、腰が痛くて前屈ができないとします。痛いのは腰ですが、前屈できない本当の原因は
 腰以外の場所にあることがあります。ボルダリングをしていてもう一つ上になかなか上がれない時、
 自分では手の位置が悪いと思っていても、上がれない本当の原因は手ではなく足の位置であることが
 何回かありました。

・ツボの大きさや形はいろいろある。
 クライミングで手や足をかけるホールド(壁についている様々な形をした取っ掛かり)は、
 様々な大きさや形があります。私たち鍼灸師が臨床で感じ取っているツボも同じです。
 ツボは小さいものでゴマ粒ほど、大きなものでは小豆くらいまでの大きさがあり、硬さもいろいろです。
 
・正しいツボを取るべし
 クライミングのホールドはどれを使ってもいいというわけではありません。
 決められたホールドを順に使用して登っていくことでゴールにたどり着くというルールです。

 ツボの選択も同様です。ツボは教科書に載っている主要なものだけでも365ほどあります。
 その中(それ以外のツボを使うことも少なくないです)から、適切なものを選び出していきます。
 症状に合わないツボ、もしくは正しくツボの位置をとれていない場合は治療効果がありません。

・新しいものに挑戦すること
 一番強く感じたことがこれです。
 ツボは一つの症状に一つ用意されているわけではありません。また、同じ「肩こり」でも
 状態によって使うツボはいろいろです。一つのこともあれば、複数の場合もあります。
 そして、手のツボを使うこともあれば、足にあるツボを使うこともあります。

 ある程度の基本パターンはありますが、いつもそのパターンにはまるとは限りません。
 クライミングやボルダリングと同じで、「これ以上前に進めないな」と感じることがあります。
 
 そこから挑戦が始まります。もう一度状況を見直して、違うツボはないのか、ツボの取り方は正確か、
 いつもと違うこのツボを使ってみたらどうか、そのツボに鍼をしたときの効果はどこに波及するのかなど、
 頭をフル回転させて考えます。

 しかし、自分だけでは答えが出ないこともあります。
 そんな時は、クライミングの時に下で見ているインストラクターや仲間たちがルートを教えてくれたように、
 鍼灸や活法を一緒に学んでいる仲間たちにほかの手段はないか、教えを請います。
 そして臨床に戻り、再挑戦。これをひたすら繰り返しています。

こうして考えてみると、私にとっての鍼灸と活法はチャレンジスクールそのものかもしれません。
鍼灸にオリンピックはありませんが、自分なりのさらなる高みを目指して目の前の壁を
地道に這い上がり続けていこうと思います。

みんな頑張ってる?努力することは、恥ずかしいことではないよ

(開校式での片山右京さんの言葉)


(終わり)


 
 
 
 







 



クライミング&ボルダリングに初挑戦!
ゴールデンウィークの最終日となった5/7(日)、親子で
【2017年Team UKYO チャレンジスクール 「クライミング&ボルダリング」】     
に参加してきました。

「オリンピック競技にもなったクライミングを用いて、挑戦すること諦めない気持ちの大切さや、
協力すること信頼することの大切さを学びます。」
というのがこのチャレンジスクールの趣旨です。

我が家は親子で外遊びをする時間が比較的多いのですが、
お互い初挑戦のクライミングでどれだけやれるか楽しみです。



昭和の子供、本領発揮なるか
開校式が終わり、まずは大人と子供で分かれて午前の部がスタートです。
大人は「トップロープクライミング」というあらかじめ一番上にかけたロープを
ペアを組んだ人にビレイ(安全確保)してもらって登る方法に挑戦。

子供は「ボルダリング」といって、ロープを使用しないで登る方法から始めます。

私は昭和という時代の後半を野山で走り回って少年時代を過ごしました。
同級生には猿のように身のこなしが軽い者が何人もいて、
木登りやがけ登りではなかなか一番にはなれませんでしたが
こういう遊び(スポーツ)は大好きです。

1回目。難易度別に色分けされたテープがホールド(壁についている様々な形をした取っ掛かり)の近くに貼ってあるので、最も簡単なルートを選んで登ります。ビレイしてもらっているので、恐怖感はありませんが思うように体が動きません…。どうにか異なるルートを2本最上部のゴールまで登りましたが、普段使っていなった筋肉がプルプルしました。

ああ、昭和は遠くになりにけり…。



平成の子供たちと一緒にチャレンジ!
軽く(?)体が温まったところで大人と子供が混じった4つの班に分かれて様々な課題に挑戦します。
私の班は息子を含む子供4人と大人2人、インストラクター1人となりました。

まずは子供たちが初めに練習していたボルダリングからスタートです。子供たちは息子以外は経験者で、初級の課題はするすると難なく登ります。子供たちが見守る中、大人も挑戦。一緒の班になったもう一人のお父様は身体能力の高い方で、難なくクリアです。私もどうにかこうにかゴールまでたどりつきました。

皆が出来るとみるや、インストラクターから次のルートが提示されます。見ると、クライミング初挑戦の我が家には十分すぎるほどの難易度のような気がします。しかし、子供たちは「ええ~!」と言いながら楽しそうです。そして一人ずつ果敢にアタックしますが、全員失敗。

大人も行きます!まず身体能力の高いお父様が挑戦。1回目はミスしましたが、2回目でクリアしました。
子供たちから「おお~、すげ~!」と歓声と拍手がわきます。大人の面目躍如です。

私の順番が回ってきました。
子供たちの視線が気になります。
大人として、父親として無様な姿はさらしたくありません。

しかし、何といっても今日は「チャレンジスクール」です。
ルートは厳しいですが、やってみるしかありません。

いざ!
TUCS クライミングスクール-2

続く…。





ラジコンが走らなくなった 
ある日小学生の息子から、「ラジコンカーが動かなくなっちゃったから直して!」と頼まれました。
ラジコン修理2

ラジコンカーの動きを確認すると、ハンドルは切れるのですが、駆動する後輪が動きません。
ラジコン修理3

ラジコン修理4
ハンドルは切れますが…

ラジコン修理5
駆動輪が動きません…。

ということは、プロポ(送信機)とラジコンカー本体の電池切れではありません。

送信機側はひとまず後回しにして、ラジコンカー本体を調べてみることにしました。

おなかを押さえると治る
さて、どこが悪いのでしょう。とりあえず電池ボックスを開けてみると、セロハンテープが貼ってあったので、息子に確認すると、

「車のおなかを押さえると後ろのタイヤが回るようになるよ」

とのことでした。
電池ボックス周辺を調べてみましたが、断線している箇所等は見つけることが出来ませんでした。
走らない原因はおなかには無いようです。

本当の原因はどこにある?

それでは、と車体を開けてみます。
ラジコン修理1

怪しいところを見つけたので、調べてみると駆動輪を動かすモーターにつながる配線が切れていました。
ラジコン修理10
「おなかを押さえると動くよ」というのは、車体を上下から圧迫することで断線箇所が接触し、モーターに通電できていたということのようです。

さっそくはんだ付けしなおします。
ラジコン修理6
はんだ小手を持つのはかなり久しぶりです。はんだが焼けるにおいは嫌いじゃありません。

ラジコン修理9
脱脂が不十分でしたが、一応つきました。

ラジコン修理7
テープで保護して修理完了。

ラジコン修理8
動くようになりました。

今回の不具合をまとめると、
・後輪だけ動かない⇒車体のおなかを押さえると動く⇒後輪そのものの不良ではない。おなかにある電池ボックス周囲の不具合?⇒電池ボックスに不具合なし⇒さらに調べたところ、後輪付近で断線が見つかる  ←原因発見! となります。

同じようなことは、鍼灸を受けに来る患者さんの体にも言えます。
若葉マーク鍼灸師だった頃に、

「マッサージや鍼灸をしてもらってるときはいいんだけどね~。その時だけなんだよね。」

と患者さんに言われたことがあります。

施術の効果が「その時だけ」だったり、楽になったコリや痛みが「すぐ元に戻ってしまう」のは、根本的な原因にたどり着けていない可能性が大きいです。では、どうすればよいのでしょうか。長い間悶々としていました。

そんな私の悩みを解消してくれたのが、古武術に由来する整体「活法」と、「活法」から考案された「整動鍼(せいどうしん)」です。

「活法」や「整動鍼」は、例えば肩こりがひどい患者さんの肩に触れないで症状を改善することが出来ます。というより、むしろ痛い場所に触れないほうが効果的な施術が出来る場合も多々あります。肩こりの原因が肩だけにあるとは限らないからです。

学べば学ぶほど奥が深い「活法」と「整動鍼」。治療室そらではこれからもこの二つの技術を積極的に取り入れていきます。