FC2ブログ
2014.07.31 昭和の海の家
今日も暑かったです。

夕方少し時間が空いてしまったので、治療室入口の暑さ対策をしました。

治療室の入り口まわりはこんな感じです。
暑さ対策2014 2

少し夏らしくしたいので、すだれをかけていきます。
暑さ対策2014 6

西日がきつい西側には新兵器を投入。
すだれ専用ハンガーです。
接着面を火であぶって取り付ける強力タイプ!
暑さ対策2014 7


西側にかけるすだれは大きいので、念のため4つつけておきました。
暑さ対策2014 4

サイズもピッタリです。
暑さ対策2014 5

完成しました。
入り口側から見るとこんな感じです。
暑さ対策2014 3

昭和の海の家を思い出させる雰囲気になりました。
(若人にはわからないかもしれません…)

そういえば、久しく「海の家」というものを利用していません。
きっと今は洗練されて格好よくなっているのでしょうね。

今年は海の家に行ってみようかな、と思いつつ作業を終了しました。

藤沢市湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら









今日も暑いです。最近では「気温30℃」と聞くと、「涼しいな」と思うようになってしまいました。

少し前になりますが、治療室そらでは患者さん用のスリッパを新しいものに変えました。
湘南台で開業して以来ずっと使っていたものが、この猛暑でのりが溶けてしまったのか
単に古くなったせいか、みな中敷きがはがれてきまして…。ここいらで引退です。
引退するスリッパたち

新しいものは、今までよりもしっかりしたつくりで、
色も少し落ち着いた感じにしてみました。

新しいスリッパ

これからも患者さんが気分良く過ごせるよう、
備品などにも少しずつ気を使っていきたいと思います。

湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら


もともとは民家です
ご存知の方も多いと思いますが、治療室そらはもともと民家だったものを
少しずつ改装して店舗として使っています(現在進行形)。

まだまだ患者さんにとって快適とは言えない部分がありますので
出来るところは自分で少しずつ直しています。

今回は治療室入口の引き戸に手を加えてみました。


つかみどころがない
中の引き戸

治療室の中から入口をみたところです。

これはつかみにくい

ちょっと年代物のサッシなので、手をかける部分がとても狭いです。
つかみどころがなく、戸惑う患者さんが多いので、
たいていは私がドアボーイのように開け閉めをしていました。

そこで何か良いものはないかな、とネットサーフィンをすること30分…。

ん?これは使えるかもしれない、と思うものを発見しました。

受話器のような形ですがスグレモノ?


これです↓
受話器じゃありません

「吸盤ドアハンドル」という製品で、簡単にガラス面に取り付けることが出来ます。
まずは内側から取り付けます。

吸盤ドアハンドル 内側から

外側も同じように取り付けます。
吸盤ドアハンドル外側

IMG_0302.jpg

試しに戸を開け閉めしてみると・・・、

「軽い!」


同じサッシとは思えないくらい軽々と開閉することが出来ます。
持ち手がちょっと変わるだけで、これほど変化を実感できるとは思いませんでした。

これで引き戸を開けようとして患者さんが戸惑うことも減るのではないかと思います。
強度や耐久性がどの程度かわからないので、しばらく試験的に使ってみようと思います。

これで治療室そらも

「つかみどころのない鍼灸院」

から一歩脱却?出来るかもしれません。

まだ改善が必要なところがたくさんあると思います。

もしお気づきの点がありましたら、遠慮なくご指摘くださるようお願いいたします。
早急に対策いたします。







ちょっと短い

今まで治療室そらで使っていたタオル↓
タオルたち(旧)

このタオル、まあまあの触り心地だったのですが、ずっと気になっていたことがありまして…。

フェイスクッションに敷く時に、微妙に短いのです。
旧

ちょうどタオル地も少し痛んできたので、新しいものを買うことにしました。

前回はタオルの長さを気にせずまとまった枚数を購入してしまったので、
同じ失敗をしないように、長さを測っておきました。


10cm差があれば

今まで使っていた「旧タオル」を測ると、約75cmでした。

ということは、少なくとも80cmはほしいところです。

インターネットで検索すると、同じようなカラーの品質の良さそうな物が見つかりました。

長さを確認すると、86cmです。
「旧タオル」より10cmも長いです。これなら大丈夫でしょう。
即注文しました。


まさか同じタオルを買っちゃった?

数日後、新しいタオルがドカッと届きました。
取扱説明書を読んでみると、「使用する前に一度洗濯するように」と書いてあります。
どうやら洗濯することで、出荷の段階では寝ているパイル(タオルのふわふわ部分?)が
立ち上がり、ふかふか感が増すらしいのです。

さらに読み進めていくと

「洗濯するとタオルが若干縮みます」


「若干」…。

いやな予感がしました。これはもしかして…。

ちょうど近くに家人がいたので、声をかけてみました。

私:「タオルって洗うと縮むらしいね~。」

家人:「そりゃ縮むでしょ。洗濯して縮むものは多いけど、タオルは特に縮むよ。」

というので、現物を見てもらいました。

家人:「これ新しいもの?前と同じじゃないの?メーカーも一緒だし。
    洗う前だから長く見えるけど、洗って乾かしたら同じになるよ、きっと。
    あらまあ、やっちゃった?おっほっほっほ~(笑)」

私:「・・・」

 タオルの前に私が縮んでしまいそうです…。


ドキドキしながら洗ってみると

知りませんでした。タオルがそんなに縮むものだなんて。
それにしても、本当に86cmのタオルが10cm以上も縮むのでしょうか?

また確かめもせずに大量に買ってしまったタオルたちを、半分あきらめ気分で洗濯し
乾いたものを確かめてみると




タオル(新・下段)

おお!旧タオルよりは長いです!
測ってみると、約80cm。およそ6cmの縮みで済んだようです。

フェイスクッションにのせてみると、この通り。
新し。

どうやらちゃんと旧タオルとは違うものを購入していたようです。
ホッとしました。



タオルは治療中、患者さんに直接ふれるものです。

患者さんに少しでもリラックスした気分で施術を受けていただけるよう
これからも良いものを探し続けていきたいと思います。


湘南台の鍼灸・マッサージ 治療室そら













100円ライター

日に日に冬らしい寒さになってきました。往診がちょっとつらくなる季節です。
この季節に使う頻度が高くなるのがお灸です。
以前このブログで紹介しましたが、お灸にはいろいろな方法があります。
その中でも点火に時間がかかるのは、「棒灸」というタイプです。

bo-kyu


ご参考↓
お灸いろいろ⑦煙もくもく

今まではいわゆる「100円ライター」で火をつけていたのですが、
どうにも時間がかかるのです。以前鍼灸の専門書で、「バーベキューの時に
炭に火をつけるバーナーを使う」というのを目にしましたが、
少し大きすぎます。他に何かいいものはないかと思案していました。

友人の治療院のワゴンに…

ある日勉強会で、友人の治療院に行くと、ワゴンの上に見慣れないものが。

gas-torch

聞けば小型のバーナーだと言うではありませんか。
正式な商品名は「スライドガストーチ」です。

アウトドアでの使用を前提に作られているのでしょうか。
こんな風に火口を伸ばすことも出来ます。
gas torch
たたでさえ工具などの道具類が大好きな私には、たまらない一品です(笑)。

着火時間大幅短縮!

友人に素晴らしい物を紹介してもらいました。
帰宅後、早速Amazonで購入です。

少ししけり気味の棒灸で試してみると、

gas torch3
おお~、あっという間に火がつきました!

この「スライドガストーチ」には、もうひとつ利点があります。
それはライター用のガスだけでなく、鍋物などのときに使う
カセットガスも燃料として使えるらしいのです。

これぞ探し求めていた一品です。

友人H氏に感謝ですね。
これからも臨床でどんどん棒灸を活用していきたいと思います。


湘南台の鍼灸・指圧マッサージ 治療室そら